ダイハツが軽トラックに副変速機付き5MTを採用

2014.12.24 自動車ニュース
「ダイハツ・ハイゼット トラック エクストラ」
「ダイハツ・ハイゼット トラック エクストラ」 拡大

ダイハツが「ハイゼット トラック」に副変速機付き5MTを採用

ダイハツ工業は2014年12月22日、軽商用車「ハイゼット トラック」の5段MT搭載車にパッケージオプション「エコパック」を設定し、販売を開始した。

 

エコパックとは、標準車よりハイギア化されたリアディファレンシャルギアと、副変速機(エコ・楽モード切り替え機構)を追加したマニュアルトランスミッションをセットにしたオプションである。

これにより最高で21.0km/リッター(JC08モード)という燃費性能を実現するとともに、積載状態や山間路などでの走行では、副変速機のトランスファーレバーを「Loモード」に切り替えることで、標準車と同等の走行を可能にしたとのこと。

オプション設定の対象グレードは「スタンダード(FR/4WD)」「エクストラ(FR)」「ハイルーフ(FR/4WD)」「ジャンボ(FR)」の5MT車。オプション価格は4万3200円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ハイゼット トラック , ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ハイゼット トラック  の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • ヤマハ・テネレ700(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.9 試乗記 ヤマハから700ccクラスの新型アドベンチャー「テネレ700」が登場。今や定番の可変デバイスを用いず、エンジンとシャシーをひとつの方向性で煮詰めたビッグオフローダーは、高い悪路走破性能を誇るだけでなく、バイクを操るよろこびに満ちたマシンとなっていた。
  • カンナム・スパイダーRTリミテッド(MR/6AT)【レビュー】 2020.9.2 試乗記 カナダのレクリエーショナルビークルメーカー、BRPが手がける三輪クルーザーが「カンナム・スパイダー」だ。四輪とも二輪とも違うこのモデルには、どのような“走る楽しさ”が宿っているのか? フルモデルチェンジを受けた最新の「スパイダーRT」で確かめた。
ホームへ戻る