第210回:カーマニア最後の桃源郷

2021.07.05 カーマニア人間国宝への道

足りないのは「2CV」のようなクルマだ

「フェラーリ328GTS」「ランボルギーニ・カウンタック25thアニバーサリー」「BMW 320d」、そして「ルノー・トゥインゴ」。このラインナップなら、誰もがオレを「カーマニア人間国宝」と認めることだろう。もはや人生の目的は達した。いつ死んでもいい。

と言いたいところだが、私のココロはまだ満たされていなかった。何かが足りない……。

そんな折、某誌で「いま蘇える故障自慢」という特集を取材していて、M氏の「シトロエン2CV」の感動的なエピソードに出会った。

M氏は、31年間乗り続けている2CVで、運転中に2度シートが破れ、床に尻もちをついたというのだ!!

それだ! オレのカーライフに足りないものはそれだあぁぁぁぁぁぁぁ!

もちろんM氏とて、31年間乗り続けてようやく2回出会った貴重なトラブルだ。しかし2CVじゃなけりゃ、そんなトラブルあるはずない! うおおおお! 2CVみたいなクルマが欲しい!

そう思い立った私は、夜中にガバと跳ね起き、中古車サイトを検索した。ただ、数秒考えた後、「2CV」ではなく「ハイゼットジャンボ」と入力した。

いまさら2CVで追いかけても追いつけない。ほかに2CVのようなクルマはないだろうか? その瞬間思い浮かんだのが軽トラだったのだ。

でも軽トラは、シートが固定されていて、リクライニングできないのがツライ。リクライニングできる軽トラは、「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」と「スズキ・スーパーキャリイ」だけ。そのぶん荷台は狭いけど、荷物を積む予定はないので問題なし。スーパーキャリイは3年前に出たばっかりだからまだ高いけど、ハイゼット ジャンボなら大昔(1983年)からあるので、古くて安いタマがあるはず。わずか数秒の間にそこまで読んだのだから、さすが“カーマニア脳“である。

で、ハイゼット ジャンボを安い順に並べ変えたところ、上から2番目のセクシーすぎる個体に電気が走った!!

これがカーマニア最後の桃源郷?
これがカーマニア最後の桃源郷?拡大
某誌の特集を取材していて出会ったM氏の「シトロエン2CV」。なんと31年間も所有し続けているのだという。
某誌の特集を取材していて出会ったM氏の「シトロエン2CV」。なんと31年間も所有し続けているのだという。拡大
シートが破れて尻もちをついたというM氏の「シトロエン2CV」。自身のカーライフに足りないものはコレだと気づかされた。
シートが破れて尻もちをついたというM氏の「シトロエン2CV」。自身のカーライフに足りないものはコレだと気づかされた。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ダイハツ ハイゼット トラック  の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第504回:イマドキは軽トラックもオシャレが常識!?
    「ダイハツ・ハイゼット トラック」に働くクルマの最前線を見た
    2018.5.30 エディターから一言 マイナーチェンジを受けたダイハツの軽トラック「ハイゼット トラック」に試乗。新たに搭載された先進装備の使い勝手を試すとともに、“農業女子”に向けた仕様や、ニッチな市場をカバーするバリエーションモデルなど、多様化する“働くクルマ”の最前線を垣間見た。
  • 第210回:カーマニア最後の桃源郷 2021.7.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車4台がすべて後輪駆動となったいま、カーマニアとして「人生の目的は達した」はずなのだが、なぜかココロは満たされない。その足りない何かに気づき、中古車サイトで検索したのは、まさかの“軽トラ”だった!
  • ダイハツ、新型「ハイゼット トラック」を発売 2014.9.2 自動車ニュース ダイハツが「ハイゼット トラック」をフルモデルチェンジ。新型を発売した。
  • 第213回:ビニール傘の如く 2021.8.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。マクラーレンを14台も購入した超VIPのM氏に会い、そのラインナップに驚き、こだわりに満ちたクルマの購入理由に再び驚く。なぜマクラーレンなのか? そこにはフェラーリとの明確な違いがあるのだという。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
ホームへ戻る