スズキ・ハスラーに特別仕様車「J STYLE」

2014.12.25 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーJ STYLE」
「スズキ・ハスラーJ STYLE」
    拡大

「スズキ・ハスラー」に専用カラーの特別仕様車「J STYLE」が登場

スズキは2014年12月25日、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「J STYLE」を設定し、2015年1月9日に発売すると発表した。

今回のJ STYLEは、ハスラーのRJC カーオブザイヤー受賞を記念して設定された特別仕様車で、同車専用のカラーバリエーションや充実した装備などがセリングポイント。

ボディーカラーは「フェニックスレッドパール」「クールカーキパールメタリック」「ブルーイッシュブラックパール3」の3色。いずれもルーフ部分のみをホワイトで塗り分けたツートンカラーで、バンパーガーニッシュやスチールホイールもホワイトとなる。

また、インテリアもこれに合わせてコーディネートしており、ボディーカラーが赤の場合は赤、カーキの場合はカーキ、黒の場合は白のカラーパネルとシートパイピングを採用している。

具体的な特別装備の内容は、以下の通り。
・「HUSTLER」アルファベットエンブレム(フロントグリル)
・「HUSTLER」ホワイトエンブレム(バックドア)
・「J STYLE」エンブレム(左右フロントドア)
・専用色フロントバンパーガーニッシュ、リアバンパーガーニッシュ[ホワイト]
・LEDフロントフォグランプ
・プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
・15インチスチールホイール[ホワイト]
・「RJCカーオブザイヤー」エンブレム
・専用フロアマット(ラバー)
・運転席・助手席シートヒーター(運転席側はベース車に標準装備)
・専用携帯リモコンカバー
・専用色ステアリングガーニッシュ・エアコンガーニッシュ・エアコンルーバーリング・スピーカーリング[ガンメタ]
・専用色ステアリングステッチ[シルバー]
・ステアリングオーディオスイッチ
・専用色インテリア(インパネカラーパネル、ドアトリムカラーパネル、シートパイピング)

これらの装備に加え、メーカーオプションとしてバックアイカメラを用意している。

価格はFF車が147万9600円、4WD車が160万5960円。

(webCG)

関連キーワード:
ハスラー, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD) 2019.12.24 画像・写真 軽クロスオーバーのパイオニア「スズキ・ハスラー」が2代目にモデルチェンジ。従来モデルから刷新された内外装のデザインや、機能性が高められた車内空間、インフォテインメントシステムをはじめとした新装備など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.8 試乗記 軽クロスオーバーという古くて新しいジャンルを定着させた「スズキ・ハスラー」は、フルモデルチェンジによってどんな進化を遂げたのか。ISGを組み込んだ自然吸気エンジン搭載の「ハイブリッドX」をロングドライブに連れ出し、仕上がりを確認した。
ホームへ戻る