ベントレーが2015年モデルの販売価格を発表

2015.01.05 自動車ニュース
「ベントレー・ミュルザンヌ スピード」
「ベントレー・ミュルザンヌ スピード」 拡大

ベントレーが2015年モデルの国内販売価格を発表

ベントレーモーターズジャパンは2015年1月5日、2015年モデルイヤーの車両の日本における販売価格を発表した。

 

具体的なラインナップと価格は以下の通り。
・コンチネンタルGT V8:2100万円
・コンチネンタルGT V8コンバーチブル:2315万円
・コンチネンタルGT V8S:2255万円
・コンチネンタルGT V8Sコンバーチブル:2470万円
・コンチネンタルGT:2370万円
・コンチネンタルGTコンバーチブル:2580万円
・コンチネンタルGTスピード:2640万円
・コンチネンタルGTスピード コンバーチブル:2855万円
・フライングスパーV8:1945万円
・フライングスパーW12:2415万円
・ミュルザンヌ:3500万円
・ミュルザンヌ スピード:3835万円

このうち、「ミュルザンヌ スピード」は2014年のパリサロンで発表されたミュルザンヌの高性能モデルである。6.75リッターV8ツインターボエンジンは最高出力が537psに、最大トルクが112.2kgmに高められており、0-100km/h加速は4.9秒、最高速は305km/hという動力性能を実現している。

(webCG)
 

関連キーワード:
コンチネンタルGT, コンチネンタルGTコンバーチブル, フライングスパー, ミュルザンヌ, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.29 試乗記 新開発された「MSB」プラットフォームを採用する新型「ベントレー・コンチネンタルGT」の実力を探るべく、高速道~ワインディングロードへと連れ出した。一新されたシャシーと4WDシステムは、ラグジュアリー2ドアクーペにどんな走りをもたらすのか?
  • ベントレーが「コンチネンタルGT」にV8モデルを追加設定 2019.3.19 自動車ニュース 英ベントレーは2019年3月18日(現地時間)、V8エンジンを搭載した第3世代の「コンチネンタルGT」(クーペ)と「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。搭載される4リッターのV8ツインターボは、最高出力550ps、最大トルク770Nmを発生させる。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)【試乗記】 2018.8.16 試乗記 「ポルシェ718ボクスター」に設定された、装備満載の最上級グレード「GTS」。365psを発生する2.5リッター4気筒ターボと、さらにスポーティーに調律された足まわり、アクティブトルクベクタリングに代表されるハイテクが織り成す走りをリポートする。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る