「Bクラス」に赤い本革内装の特別仕様車が登場

2015.01.09 自動車ニュース
「B250 4MATICスポーツ Edition Red」
ボディーカラーはコスモブラック。
「B250 4MATICスポーツ Edition Red」
    ボディーカラーはコスモブラック。
    拡大

「メルセデス・ベンツBクラス」に赤い本革内装の特別限定車が登場

メルセデス・ベンツ日本は2015年1月9日、「Bクラス」マイナーチェンジモデルの登場を記念した特別仕様車「B180スポーツ Edition Red」「B250 4MATICスポーツ Edition Red」を台数限定で発売すると発表した。

「B180スポーツ Edition Red」
ボディーカラーはカルサイトホワイト。
「B180スポーツ Edition Red」
    ボディーカラーはカルサイトホワイト。
    拡大

「Bクラス」に赤い本革内装の特別仕様車が登場の画像 拡大

B180スポーツ Edition RedおよびB250 4MATICスポーツ Edition Redは、カタログラインナップモデルには設定のない「クランベリーレッド」の本革シートとドアパネル、ブラックアッシュウッドインテリアトリムを採用。
またエクステリアでは、ハイグロスブラックペイントの18インチAMGマルチスポークアルミホイールを装着している。

主な特別装備の内容は以下の通り。

・本革シート<クランベリーレッド>
・フロアマット
・レザーARTICOドアパネル<クランベリーレッド>
・メモリー付きフルパワーシート[助手席]
・18インチAMGマルチスポークアルミホイール<ハイグロスブラック/ハイシーン>
・レーダーセーフティーパッケージ(ブラインドスポットアシスト、ディストロニックプラス、レーンキーピングアシスト、PRE-SAFE)
・アンビエントライト<マルチカラー>
・ベーシックパッケージプラス(キーレスゴー、メモリー付きフルパワーシート[運転席]、クライメートコントロール[左右独立調整]、EASY-VARIO PLUS[バックレスト折りたたみ角度調整、後席シートスライド機構、ラゲッジフロアボード調整[2段階]、アームレスト[後席]、カップホルダー[後席]、シートバックテーブル[後席]、アンダーシートボックス[前席]、シートバックポケット、サングラスケース、ネットポケット[助手席]、12V電源ソケット[ラゲッジルーム]、折りたたみ式収納ボックス、電動ランバーサポート[前席]、リバースポジション機能付きドアミラー[助手席側]、コンビニエンスオープニング・クロージング機能)

価格はB180スポーツ Edition Redが453万円、B250 4MATICスポーツ Edition Redが535万円。
販売台数は前者が150台、後者が50台の限定となる。

(工藤考浩)

関連キーワード:
Bクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Bクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • 日産ノートAUTECHクロスオーバー/ノートAUTECHクロスオーバーFOUR【試乗記】 2021.10.7 試乗記 新型「日産ノート」の登場に合わせ、そのドレスアップバージョンを世に問うたオーテック。続くSUVライクな派生モデル「ノートAUTECHクロスオーバー」とはどんなクルマなのか? テストコースでFF車と4WD車に試乗した。
ホームへ戻る