環境と走りの両立を目指すBMW

2011.12.02 輸入車

環境と「駆けぬける歓び」の両立を目指すBMW

BMWジャパンは、第42回東京モーターショーにおいて、「5シリーズ」初のハイブリッド「アクティブハイブリッド5」を世界初公開するとともに、2012年春から日本への導入が開始されるディーゼルモデル「X5 xDrive 35d」をお披露目。さらに、BMWが新たに立ち上げた、EVとハイブリッドの新しい「i」ブランドの2台のコンセプトカー「i3」および「i8」をアジア地区で初めて公開するなど、日本での好調ぶりを反映する精力的な展示を行っていた。

■「5シリーズ」のハイブリッドを世界初披露

BMW AGセールス&マーケティング担当上級副社長のイアン・ロバートソン氏のスピーチで幕を開けたBMWのプレスカンファレンス。まずは、2011年の世界販売目標160万台の達成が現実味を帯びてきた、現状の好調な販売実績を報告。さらに、持続可能なモビリティーの実現と「駆けぬける歓び」を両立させるというBMWの基本姿勢を示したのち、いよいよ東京モーターショーの目玉となる世界初公開モデル「アクティブハイブリッド5」のアンベールを行った。

アクティブハイブリッド5は、「生産する車両の多くを日本で販売する」という言葉からわかるとおり、ハイブリッド大国の日本をかなり意識したモデルだ。実際、会場に展示されていた2台とも右ハンドル仕様だった。また今回、ロバートソン氏の口から、2012年春には生産が開始されることも明らかになった。

ロバートソン氏からスピーチを引き継いだBMW AG開発担当上級副社長クラウス・ドレーガー氏によって、3リッター直列6気筒ターボに電気モーターを組み合わせたパワートレイン、15.6km/リッターを誇る燃費性能、エンジンと電気モーターによるコンビネーション走行のほかに、60km/hまでであればモーターだけのEV走行が可能といった「アクティブハイブリッド5」の詳細が解説された。

■EVやディーゼルを積極的に投入

その後、欧米ではお披露目済みの「i3」「i8」の紹介の途中で、再びイアン・ロバートソン氏が登壇。BMW iブランドがお客さまのニーズに応えるべく立ち上げたブランドあることや、生産を行うドイツ工場では風力で発電されたエネルギーを積極的に用いることで持続可能なモビリティーの実現に、積極的に取り組むことなどを説明。

また、「iブランドの2台は新しいものをもたらすはずです。また、X5のディーゼルを皮切りに日本市場へのディーゼルの導入を加速させます」と、ハイブリッドだけでなく、EVやディーゼルも日本に積極的に導入していくことをアピールし、スピーチを閉めた。

(文と写真=新井一樹)

「アクティブハイブリッド5」を最も目立つ最前列の角に展示。
「アクティブハイブリッド5」を最も目立つ最前列の角に展示。 拡大
イアン・ロバートソン氏は「アクティブハイブリッド5」が日本市場を強く意識したことをアピール。
イアン・ロバートソン氏は「アクティブハイブリッド5」が日本市場を強く意識したことをアピール。 拡大
Cピラー下に「アクティブハイブリッド5」のエンブレムが付く以外は、ガソリンエンジンの5シリーズと大きく変わらない。
Cピラー下に「アクティブハイブリッド5」のエンブレムが付く以外は、ガソリンエンジンの5シリーズと大きく変わらない。 拡大
ひな壇の中央は「アクティブハイブリッド5」ではなく、「i3」と「i8」のBMW iブランドの2台のコンセプトカーだ。
ひな壇の中央は「アクティブハイブリッド5」ではなく、「i3」と「i8」のBMW iブランドの2台のコンセプトカーだ。 拡大
イアン・ロバートソン氏(写真左)とクラウス・ドレーガー氏(写真右)、ふたりの上級副社長がスピーチを担当。
イアン・ロバートソン氏(写真左)とクラウス・ドレーガー氏(写真右)、ふたりの上級副社長がスピーチを担当。 拡大
日本に導入予定の「X5 xDrive 35d」はブルーパフォーマンスと呼ばれるユーロ6をクリアするクリーンディーゼル。
日本に導入予定の「X5 xDrive 35d」はブルーパフォーマンスと呼ばれるユーロ6をクリアするクリーンディーゼル。 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW 740d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.3 試乗記 BMWのフラッグシップサルーン「7シリーズ」に、クリーンディーゼルと4WDシステムを搭載した「740d xDrive」が登場。新世代のドライブトレインが生み出すその走りを、東京ー群馬往復400km超のロングドライブで確かめた。
  • BMW M760Li xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.4 試乗記 BMWの旗艦サルーン「7シリーズ」の中でも、ブランド唯一の12気筒を搭載する「M760Li xDrive」。“最上級の中の最上級”に位置するこのモデルは、古典的な自動車の歓びと、ADASやコネクテッドといった新分野に対するBMWの挑戦を感じさせる一台に仕上がっていた。
  • BMW 623dグランツーリスモMスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2020.1.7 試乗記 「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」に追加設定されたディーゼルモデル「623dグランツーリスモMスポーツ」に試乗。定番のセダンでも人気のステーションワゴンでもない独自路線を行くクロスオーバーというポジションには、いったいどんな魅力があるのか。
  • BMW 745eラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2019.11.20 試乗記 「BMW 745eラグジュアリー」には、BMWの金看板“ストレートシックス”に電気モーターを組み合わせたぜいたくなパワートレインが搭載されている。スムーズかつパワフルなプラグインハイブリッドシステムを味わうとともに、高級車に求められる条件について思いをはせた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
ホームへ戻る