ルノーがメガーヌR.S.の限定車3モデルを披露

2015.01.11 自動車ニュース
「メガーヌR.S. トロフィーR」は60台の限定販売。価格は499万円。
「メガーヌR.S. トロフィーR」は60台の限定販売。価格は499万円。 拡大

ルノーが「メガーヌR.S.」の限定車3モデルを披露

ルノー・ジャポンは東京オートサロン2015(開催期間:2015年1月9日~1月11日)で、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」の限定車3モデルを公開した。(関連ニュースはこちら)

日本で企画された「メガーヌR.S. トロフィーS」。限定60台で477万円。
日本で企画された「メガーヌR.S. トロフィーS」。限定60台で477万円。 拡大
「メガーヌR.S. トロフィーR」(左)と「同トロフィーS」(右)。
「メガーヌR.S. トロフィーR」(左)と「同トロフィーS」(右)。 拡大
「メガーヌR.S. トロフィー」は限定90台で426万円。3モデルとも先行予約期間は1月9日から1月13日までとなっている。
「メガーヌR.S. トロフィー」は限定90台で426万円。3モデルとも先行予約期間は1月9日から1月13日までとなっている。 拡大
ルノー・ジャポンの大極代表取締役社長。
ルノー・ジャポンの大極代表取締役社長。 拡大

■最速の「R」、ファミリーカーにもなる「S」

メガーヌR.S. の3種類の限定車「トロフィーR」「トロフィーS」「トロフィー」は、すべて2015年2月5日に発売される。

最もハードなチューニングが施されたトロフィーRは、ニュルブルクリンクサーキットで量産FF車最速タイム(7分54秒36)を記録した車両と同内容の仕様。左ハンドルで乗車定員は2人となる。

それに対して、ルノー・ジャポンが日本の市場に向けてアレンジしたトロフィーSは、右ハンドルで定員は5人となる。普段はファミリーカーとして使え、サーキットではトロフィーRに勝るとも劣らないパフォーマンスを発揮できるクルマに仕立てたという。

日本におけるルノー車の2014年の新車登録台数は4662台。新しいデザイン戦略にのっとって開発された「ルーテシア」と「キャプチャー」が販売をけん引し、ルノー・ジャポンの設立以来、最高となる数字を記録した。

「日本のお客さまがルノーにどんな期待を持っているのかを(ルノー本社に)説明し、交渉するのに時間を要した」と同社の大極 司(だいごく つかさ)代表取締役社長は振り返った。

また好調の理由を、「“フレンチタッチ”で個性的なデザインや、F1で培ったレースの技術などを盛り込んだ、(ファミリーカーにも使える)“普通のクルマ”をラインナップに添えていきたい。そういうモデルがようやく2014年にそろったのではないか」と分析した。

(webCG)

 

 

 

 

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 東京オートサロン2015, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
ホームへ戻る