「アウディA1」にオレンジ色の限定モデル登場

2015.01.14 自動車ニュース
「アウディA1スポーツバック カラーセレクション“サモアオレンジ”」
「アウディA1スポーツバック カラーセレクション“サモアオレンジ”」 拡大

「アウディA1スポーツバック」にオレンジ色の限定モデル登場

アウディ ジャパンは2015年1月14日、コンパクトカー「A1スポーツバック」に、特別仕様車「color selection -“Samoa Orange”(カラーセレクション“サモアオレンジ”)」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、鮮やかなオレンジのボディーカラー「サモアオレンジ」を特徴とした、110台の限定モデルである。

サモアオレンジは、「A1」が2011年の東京モーターショーで初公開された際にイメージカラーとして採用されていたものだが、現在のアウディのラインナップにおいてこの色が設定されているのは「R8」のみであり、A1およびA1スポーツバックには設定されていなかった。

インテリアについても、エアコン吹き出し口のカラードスリーブやドアハンドルトリム、インテリアバックミラーパネル、センターコンソールパネルの色にサモアオレンジを採用。また、「MMI 3G+ナビゲーションパッケージ」を標準装備している。価格は356万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
A1スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A1スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディがよりスポーティーに進化した新型「A3スポーツバック」を発表 2020.3.4 自動車ニュース 独アウディは2020年3月3日、新型「A3スポーツバック」を発表した。前後のホイールアーチを強調する、よりスポーティーなデザインが特徴で、欧州では同年3月に発売、5月に納車が開始されるという。価格は「1.5 TFSI」で2万8900ユーロ(約350万円)から。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • フィアット500Xポップスタープラス(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.13 試乗記 「500」ゆずりのユニークなスタイリングが特徴のコンパクトSUV「フィアット500X」が、いよいよ日本に上陸。フィアットとクライスラーの“初めての共同作業”が生んだニューモデルの実力はいかなものか。FFの上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る