クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)

入り口は広く 2020.12.26 試乗記 アウディのコンパクトカー「A1スポーツバック」に1リッターターボモデルが追加された。試乗車は、なかでも一番装備が簡素な「25 TFSI」。エントリーモデルのエントリーグレード、つまり「最も買い求めやすいアウディ」の仕上がりは?

9割を占める1リッターモデル

アウディのブランドイメージは不動の高みにある。トレンドとかプレミアムとかのキラキラした形容語が最も似合うのがアウディなのだ。高性能で完成度が高いとされているドイツ車の中で、オシャレ感を醸し出しているのだから無敵である。クルマ好きと詳しくない人のどちらもが、アウディには好感を抱いているのではないか。

ただ、手に入れるのは簡単ではない。決して安くはないからだ。3000万円超えの「R8」は特別としても、1000万円以上の価格がつけられたモデルはざらにある。一番小さなA1スポーツバックが頼みの綱だが、2019年11月に導入されたモデルは365万円からだった。2020年6月に追加されたのが、待望の1リッター版である。

先代A1の販売台数のうち9割が1リッターモデルだったそうだ。賢明な選択をするユーザーが多いということだろう。コンパクトなボディーのA1スポーツバックは、このエンジンとのマッチングがいい。先代モデルでも先に1.4リッターモデルが発売され、後に1リッター版が追加された。当時はダウンサイジングが花盛りで、ヨーロッパの自動車メーカーが競って小排気量のエンジンを開発していた。アウディにとっては初の3気筒エンジンで、ボトムラインを充実させて販売増を図る重要なモデルだったのだ。

1リッターエンジン搭載モデルには25 TFSIという名がつけられている。1.5リッターエンジン搭載モデルは「35 TFSI」。アウディのルールでは、25が80kW以下、35が110~120kWの出力を意味する。25 TFSIには3つのトリムグレードがあり、上位モデルとして「アドバンスト」と「Sライン」が用意されている。今回の試乗車は、何もつかないただの25 TFSIだった。

2020年6月に追加設定された「アウディA1スポーツバック」の1リッターターボモデル。試乗車は最も安価な「25 TFSI」で、車両本体価格は294万円。
2020年6月に追加設定された「アウディA1スポーツバック」の1リッターターボモデル。試乗車は最も安価な「25 TFSI」で、車両本体価格は294万円。拡大
往年の名車「アウディ・スポーツクワトロ」を模したという3連スロットが左右ヘッドランプ間にレイアウトされる。光り物の少ない、いまどきのクルマとしては控えめなフロントマスクだ。
往年の名車「アウディ・スポーツクワトロ」を模したという3連スロットが左右ヘッドランプ間にレイアウトされる。光り物の少ない、いまどきのクルマとしては控えめなフロントマスクだ。拡大
「グレイシアホワイトメタリック」(6万円)のボディーカラーとブラックのコントラストルーフ(7万円)はそれぞれオプションとなっている。
「グレイシアホワイトメタリック」(6万円)のボディーカラーとブラックのコントラストルーフ(7万円)はそれぞれオプションとなっている。拡大
フロントに積まれる1リッター直3ターボエンジンは最高出力95PSと最大トルク175N・mを発生。カバーに横向きのラインが刻まれているが、もちろん横置きで搭載される。
フロントに積まれる1リッター直3ターボエンジンは最高出力95PSと最大トルク175N・mを発生。カバーに横向きのラインが刻まれているが、もちろん横置きで搭載される。拡大

懐かしいたたずまい

試乗車を見て、そこはかとない違和感を覚えた。いつも見ているアウディとはなんとなく雰囲気が違う。理由は、装着しているタイヤにあった。185/65R15というサイズだったのである。最近はタイヤの低偏平化が進んでいて、35や40といった偏平率も珍しくない。65タイヤは肉厚で、ちょっと懐かしいたたずまいだ。A1スポーツバックでも、アドバンストは195/55R16、Sラインは215/45R17である。

取材で借りる、メーカーやインポーターが用意する試乗車は最上級のグレードが用意されていることが多く、今回のようなベーシックなモデルに乗るのはレアケースである。65タイヤのおかげで牧歌的なイメージが漂い、これも悪くないと感じた。とんがってない感じが好ましい。だいたい、薄いタイヤのほうがカッコいいなんて誰が決めたのだ。

乗り込んでみても、いつものアウディではない。ダッシュボードの形状は同じなのだが、どことなく地味に感じる。どうやら、光り物が少ないからのようだ。メーターパネルなどを飾るアルミニウム調のパーツが省かれているらしい。それだけでずいぶん印象が変わるものである。シンプル好きにとってはこちらのほうがスッキリしていいということになるが、わかりやすいアウディらしさを求めるなら残念に感じるかもしれない。

シートはもっと衝撃的だ。表皮のファブリックは純粋な黒である。模様はないしステッチも施されていない。ストイックなまでに黒い布なのだ。「デルタクロス」の標準シートで、アドバンスには「デビュークロス」が使われている。Sラインは「ノヴムクロス」のスポーツシートだ。もちろんデルタクロスでもシートとしての機能に欠けるところはないし、しっかりと腰をサポートしてくれる。

185/65R15というタイヤサイズに懐かしさを感じた。しかしながらきちんとアルミホイールを装備している。
185/65R15というタイヤサイズに懐かしさを感じた。しかしながらきちんとアルミホイールを装備している。拡大
ダッシュボードからはアウディの上位モデルではおなじみのアルミ装飾が省かれており、ブラック一色の世界が広がる。
ダッシュボードからはアウディの上位モデルではおなじみのアルミ装飾が省かれており、ブラック一色の世界が広がる。拡大
シート表皮には飾り気のまったくない「デルタクロス」と呼ばれる布地が使われている。しかしながらきちんとしたサイドサポートが備わるところがさすがアウディだ。
シート表皮には飾り気のまったくない「デルタクロス」と呼ばれる布地が使われている。しかしながらきちんとしたサイドサポートが備わるところがさすがアウディだ。拡大
「A1スポーツバック」は先代モデルよりもホイールベースが95mm延びており、後席の足元スペースが広くなっている。
「A1スポーツバック」は先代モデルよりもホイールベースが95mm延びており、後席の足元スペースが広くなっている。拡大

フラットで柔らかな乗り心地

走りだしてしまえば、シートに意識がいくことはない。発進はスムーズで、低速でのコントロール性もいい。7段DCTはギクシャクすることもなく実直に仕事をする。アクセルを踏み込むと目の覚めるような加速……というほどではないが、高回転までエンジンが回る気持ちのよさを味わえる。絶対的なパワーはないものの、レスポンスのよさがドライバーに快感を与えるのだ。ベーシックモデルでも、アウディらしさは十分に味わえる。

狭い道にさしかかってもストレスを感じないサイズなのがうれしい。タイトなコーナーで強めにブレーキをかけ、一転して素早く加速に移るのは得意技である。小さいクルマだけに与えられたぜいたくなドライビングの感覚だ。軽やかさに身を委ねることで、気分が高揚していく。

乗り心地も申し分ない。フラットなうえに上質な柔らかさが感じられるのは、やはり肉厚タイヤが影響しているのだろう。サスペンションの進化で偏平タイヤでも快適さはそれほど失われないようになったが、ゴムがしっかり路面の凹凸を受け止めてくれる感覚は得難いものだ。標準車とオプションの偏平タイヤを履いたクルマを乗り比べると、概して標準車のほうが心地いいと感じられるものだ。

分厚いタイヤだとシュアなハンドリングが得られないのではないかと考えてしまうかもしれないが、無用の心配である。グンニャリした感覚などあるはずもなく、思った通りの方向に鼻先を向けることができる。デメリットは見当たらない。

予防安全装備で標準装備となるのは衝突被害軽減ブレーキの「アウディプレセンスフロント」のみとなっている。
予防安全装備で標準装備となるのは衝突被害軽減ブレーキの「アウディプレセンスフロント」のみとなっている。拡大
レザー巻きのステアリングホイールはオプションの「ナビゲーションパッケージ」に含まれている。1リッターターボモデルにはシフトパドルの設定がない。
レザー巻きのステアリングホイールはオプションの「ナビゲーションパッケージ」に含まれている。1リッターターボモデルにはシフトパドルの設定がない。拡大
トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式AT「Sトロニック」。1リッターターボモデルにはドライブモードセレクト機能も用意されない。
トランスミッションは7段のデュアルクラッチ式AT「Sトロニック」。1リッターターボモデルにはドライブモードセレクト機能も用意されない。拡大
パーキングブレーキはレバー式のいわゆるサイドブレーキ。これは1.5リッターターボエンジン搭載の上位グレードでも同じ。
パーキングブレーキはレバー式のいわゆるサイドブレーキ。これは1.5リッターターボエンジン搭載の上位グレードでも同じ。拡大

世の中そんなに甘くない

廉価モデルといってもアウディの基本性能は変わらないわけで、クルマとしてのランクが落ちるということはない。ゴージャスな内装を求めるのでなければ、十分な価値を持つモデルである。パワートレインやサスペンションは同じだし、基本的な使い勝手に違いはないのだ。

高性能なコンパクトカーで、しかもシングルフレームグリルと4つのリングが重なったエンブレムが付いている。憧れのアウディを294万円で手に入れることができるのは魅力的だ。全力でオススメしたいところだが、ちょっと立ち止まって考える必要がある。世の中はそんなに甘くできてはいない。試乗車は、オプションを含めると386万円なのだ。

試乗車だからてんこ盛りにしているというわけではない。「MMIナビゲーションシステム」や「バーチャルコックピット」などがセットになった「ナビゲーションパッケージ」(32万円)は必須である。ACCやアクティブレーンアシストなどの先進安全装備を使いたければ、「アシスタンスパッケージ」(12万円)も欠かせない。便利装備の「コンビニエンスパッケージ」(19万円)、ランプ類の「LEDパッケージ」(16万円)も、ないと寂しいだろう。ボディーカラーのオプションを除けば、ほとんどが必要不可欠なのだ。

これは、いってみれば輸入車あるあるで、車両本体価格だけで済まないのはごく普通のことである。価格が安いだけに目立ってしまったが、数十万円のオプションは珍しいことではない。300万円台後半でアウディが手に入るのだから、お買い得であることは事実なのだ。装備に関しては好みで選べばいいと思うが、タイヤとホイールに関してはこのグレードを強く推奨したい。

(文=鈴木真人/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

「A1スポーツバック」のサスペンションはフロントがストラット式でリアがトーションビーム式。キビキビとした走りが味わえるのは1リッターターボモデルでも同じだ。
「A1スポーツバック」のサスペンションはフロントがストラット式でリアがトーションビーム式。キビキビとした走りが味わえるのは1リッターターボモデルでも同じだ。拡大
デジタルメータークラスターの「アウディバーチャルコックピット」は「ナビゲーションパッケージ」に含まれる。
デジタルメータークラスターの「アウディバーチャルコックピット」は「ナビゲーションパッケージ」に含まれる。拡大
「ナビゲーションパッケージ」および「アシスタンスパッケージ」は単独では選択できず、「コンビニエンスパッケージ」の装着が必須になる。それぞれの詳しい内容は最終ページの装着オプションの項目をご覧いただきたい。
「ナビゲーションパッケージ」および「アシスタンスパッケージ」は単独では選択できず、「コンビニエンスパッケージ」の装着が必須になる。それぞれの詳しい内容は最終ページの装着オプションの項目をご覧いただきたい。拡大
荷室の容量は335~1090リッター。デッキボードの高さを変えることでリアシートの背もたれを倒した際の床面をフラットにできる。
荷室の容量は335~1090リッター。デッキボードの高さを変えることでリアシートの背もたれを倒した際の床面をフラットにできる。拡大

テスト車のデータ

アウディA1スポーツバック25 TFSI

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4045×1740×1435mm
ホイールベース:2560mm
車重:1170kg
駆動方式:FF
エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:95PS(70kW)/5000-5500rpm
最大トルク:175N・m(17.8kgf・m)/2000-3500rpm
タイヤ:(前)185/65R15 92V/(後)185/65R15 92V(ブリヂストン・エコピアEP0015)
燃費:15.2km/リッター(WLTCモード)
価格:294万円/テスト車=386万円
オプション装備:ボディーカラー<グレイシアホワイトメタリック>(6万円)/コントラストルーフ(7万円)/ナビゲーションパッケージ<MMIナビゲーションシステム+バーチャルコックピット+3スポークレザーマルチファンクションステアリングホイール+レザーハンドブレーキ>(32万円)/コンビニエンスパッケージ<アドバンストキー+リアビューカメラ+アウディパーキングシステム+デラックスオートマチックエアコンディショナー+シートヒーター[フロント]>(19万円)/アシスタンスパッケージ<アクティブレーンアシスト+アダプティブクルーズコントロール+プレセンスベーシック+ハイビームアシスト+ルームミラー[自動防げん]>(12万円)/LEDパッケージ<LEDヘッドライト+LEDリアコンビネーションライト&ダイナミックターンインジケーター+自動ヘッドライトレンジコントロール>(16万円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1731km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:---km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

アウディA1スポーツバック25 TFSI
アウディA1スポーツバック25 TFSI拡大
 
アウディA1スポーツバック25 TFSI(FF/7AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ A1スポーツバック の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。