光岡、「ヒミコ」のカラーバリエーションを強化

2015.01.27 自動車ニュース
「ミツオカ・ヒミコ」
「ミツオカ・ヒミコ」
    拡大

光岡、「ヒミコ」のカラーバリエーションを強化

光岡自動車は2015年1月27日、2シーターのオープンカー「ヒミコ」の2015年モデルを、同年1月30日に発売すると発表した。

2015年モデルのヒミコはカラーバリエーションを大幅に強化。ボディーカラーをこれまでの5色に31色の新色を加えた36色としたほか、ハードトップとドアミラーをブラック塗装で仕上げた仕様を新設定した。またオプションの「2トーンラッピング」についても、既存の3色に新色3色を追加。エクステリアのカラーバリエーションは、全481種類となった。

2015年モデルの販売台数は全15台。価格は「ARDOR(アルドール)」が491万4000円、「ARDOR本革パッケージ」が513万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヒミコ, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ヒミコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • ミツオカ・ロックスターSスペシャルパッケージ(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.8 試乗記 2018年に創業50周年を迎えた光岡自動車が、台数限定200台で発売した記念モデル「ロックスター」に試乗。ベースとなった「マツダ・ロードスター」譲りの走りと、2代目「シボレー・コルベット」を思わせるスタイリングの仕上がりを確かめた。
  • ミツオカ・オロチ(MR/5AT)【試乗記】 2007.7.5 試乗記 ミツオカ・オロチ(MR/5AT)
    ……1100.0万円

    6年近い胎動期間を経て、ついにオロチが公道に躍り出た。「ふつうに乗れるスーパーカー」とは、いったいどんなクルマなのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
ホームへ戻る