新デザインのヘッドランプを備えた「DS 3」登場

2015.02.04 自動車ニュース
「DS 3 New Light Signature(ニューライトシグネチャー)」
「DS 3 New Light Signature(ニューライトシグネチャー)」
    拡大

新デザインのヘッドランプを備えた「DS 3」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年2月3日、DSブランドのコンパクトハッチバックモデル「DS 3」に、新デザインのヘッドランプなどを装備した「New Light Signature(ニューライトシグネチャー)」を設定し、販売を開始した。

今回の新モデルには、コンセプトカーの「Numero9(ヌメロ・ヌフ)」や「Wild Rubis(ワイルド・ルビ)」に装備されていた、キセノンとLEDを組み合わせたキセノンフルLEDヘッドランプを採用(「DS 3スポーツシック」「DS 3カブリオ スポーツシック」には標準装備、「DS 3シック」にはオプション設定)。デザインは、横に並ぶ3つのLEDのモジュールと、キセノンのモジュールに、ウインカーの役割も果たすコの字型のナイトライトLEDを組み合わせたもので、ユニットの上部にはDSのモノグラムがあしらわれている。

また予防安全装備として、PSAプジョー・シトロエン・グループでは初採用となる緊急自動ブレーキシステム「アクティブシティブレーキ」を搭載。システムが働く速度域は約5~30km/hの間で、フロントウィンドウ上部のレーザーセンサーが検知した車両前方の障害物に対し、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動でブレーキを作動させ、追突の危険回避、もしくはその被害を軽減するという。

このほかにも、「DS 3シック」を除く全グレードに新デザインの17インチアルミホイールを、1.6リッターターボエンジン搭載車にアイドリングストップ機構を採用。これにより、DS 3シリーズの全車にアイドリングストップ機構が標準装備されることとなった。

ラインナップと価格は以下の通り。
・DS 3シック キセノンフルLEDパッケージ:278万1000円
・DS 3スポーツシック:299万6000円
・DS 3カブリオ スポーツシック:343万4000円

(webCG)
 

関連キーワード:
DS3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン DS3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
  • 新型「プジョー208」が日本上陸 ガソリンエンジン車とピュアEVを同時発売 2020.7.2 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月2日、プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型と、そのEVバージョンたる「e-208」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
ホームへ戻る