シリーズ最強「ポルシェ・ケイマンGT4」発売【ジュネーブショー2015】

2015.02.04 自動車ニュース
「ポルシェ・ケイマンGT4」
「ポルシェ・ケイマンGT4」
    拡大

【ジュネーブショー2015】シリーズ最強「ポルシェ・ケイマンGT4」発売

ポルシェジャパンは2015年2月4日、「ポルシェ・ケイマンGT4」の日本導入を発表した。同年2月11日に予約受注を開始する。

ケイマンGT4は、「ポルシェ911」における「GT3」と同様、サーキット走行を視野に入れたハイパフォーマンスモデル。実際に、ポルシェによれば、911 GT3を基にしたテクノロジーが投入されているという。

ミドに搭載されるエンジンは、「911カレラS」由来の、385psを発生する3.8リッター水平対向6気筒。トランスミッションは6段MTのみとなっている。
0-100km/hの加速タイムは4.4秒(参考値:MT車の「ケイマンS」=5.0秒、同「ケイマンGTS」=4.9秒)で、最高速度は295km/h。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分40秒と伝えられる。
燃費は欧州複合モードで10.3リッター/100km(約9.7km/リッター)。

エクステリアは、フロントの大きなエアインテークと、リアエンドに装着される固定式のウイングが特徴。これらの作用により、ケイマンとしては初めて、前後アクスルにダウンフォースが得られるようになっている。
インテリアについては、レザーとアルカンターラを用いたスポーツシートや小径のGT4スポーツステアリングホイールが備わる。

標準モデルよりも車高が30mm低くなるシャシーおよびブレーキシステムには、911 GT3のコンポーネンツがほぼそのまま流用されており、オプションとして、ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)も用意される。カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製フルバケットシート、トラックプレシジョンアプリを備えたカスタムスポーツクロノパッケージ、クラブスポーツパッケージなどのオプションもラインナップされる。

ケイマンGT4の実車が正式にデビューするのは、2015年3月のジュネーブショー。
日本での販売価格は、1064万円となる。

(webCG)

関連キーワード:
ケイマン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット コンバーチブル(MR/8AT)【試乗記】 2021.9.18 試乗記 ミドシップ化によって高い運動性能を獲得した新型「シボレー・コルベット」。その実力は、電動ハードトップを備えた「コンバーチブル」でも変わらない。とくに峠道では、オープンエアの心地よさに加え、C8の底知れないポテンシャルも感じることとなった。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(前編) 2021.9.30 谷口信輝の新車試乗 最高出力650PS、価格は3000万円以上という「ポルシェ911ターボSカブリオレ」。ワインディングロードで対峙(たいじ)したレーシングドライバー谷口信輝は、この高性能スポーツカーにどんなことを思ったか?
  • 第216回:現代 近代 そして古代 2021.9.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ナローこと初期型「ポルシェ911」のステアリングを20年ぶりに握った。かつての愛車「フェラーリ458イタリア」や今の愛車「328GTS」と乗り比べてみると、その走りはまるで生まれたての小鹿ちゃんのようだった。
  • TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(後編) 2021.9.23 谷口信輝の新車試乗 TOM'S(トムス)のコンプリートカー「TOM'SレクサスLC500コンバーチブル」で注目すべきは、その個性的なボディーワーク。走りのみならず見た目にもこだわる谷口信輝は、どんなところが気になった?
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る