コンパスのマークが目印のプジョー2008登場

2015.02.16 自動車ニュース
「プジョー2008 CROSSCITY(クロスシティ)」
「プジョー2008 CROSSCITY(クロスシティ)」
    拡大

コンパスのマークが目印の「プジョー2008」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年2月16日、コンパクトSUV「プジョー2008」に特別仕様車「CROSSCITY(クロスシティ)」を設定し、100台限定で販売を開始した。

今回の2008クロスシティは、エントリーグレードの「プレミアム」をベースに、ブランドカラーであるブルーのアクセントや、プジョー発祥の地であるフランス・ソショーの位置を示すコンパスをモチーフにした専用マークなどで内外装をコーディネートした特別仕様車である。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。
・CROSSCITY専用バッジ
・CROSSCITY専用ステッカー
・2008 CROSSCITYロゴおよびステッチ入り専用シート(アルカンターラ+テップレザー)
・マットブルーのセンターコンソール(ストライプ入り)およびインナーグリップ
・専用ステッチ入りステアリングホイール(穴あき加工)、およびパーキングブレーキ
・専用フロアマット

ボディーカラーは「パール・ホワイト」と「カラド・ブルー」の2色。価格は265万円。

(webCG)

関連キーワード:
2008, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 2008 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョーe-2008アリュール(FWD)【試乗記】 2021.2.3 試乗記 「クルマは道がつくる」という言葉があるが、日本の場合はどうだろうか。フランス発の100%電気自動車「プジョーe-2008」で200kmばかり走ってみたところ、インフラ側のさまざまな課題が見えてきた。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.2.15 試乗記 マツダから「MX-30」の電気自動車(EV)バージョン、その名も「EVモデル」が登場した。クリーンディーゼルや「スカイアクティブX」など、かねて内燃機関に対する強いこだわりを主張してきたマツダ。ブランド初となる量産EVの仕上がりは?
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(FF/CVT)【試乗記】 2021.2.8 試乗記 2020年秋に実施された「スバル・インプレッサスポーツ」の一部改良にあわせ、ラインナップに加わった「STI Sport」。ワインディングロードを舞台に、STIが新たにFFモデルで手がけたチューニングレシピを味わった。
ホームへ戻る