ホンダS660に660台の限定車が登場

2015.03.30 自動車ニュース
「S660コンセプトエディション」
「S660コンセプトエディション」 拡大

「ホンダS660」に660台の限定車が登場

本田技研工業は2015年3月30日、軽オープンスポーツカー「S660(エスロクロクマル)」に特別仕様車「CONCEPT EDITION(コンセプトエディション)」を設定し、4月2日に発売すると発表した。価格は6MT仕様、CVT仕様ともに238万円。

6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。
6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。 拡大
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。 拡大
ボルドーレッドのロールトップ。
ボルドーレッドのロールトップ。 拡大

■ショーモデル「S660コンセプト」をモチーフに

今回の特別仕様車はS660の発表、発売に合わせて設定された660台の限定モデルであり、2013年の東京モーターショーに出展された「S660コンセプト」をモチーフにしたという内外装の仕立てが特徴となっている。ボディーカラーは「プレミアムスターホワイト・パール」のみ。シートカラーは、ライトグレーとダークグレーのアシンメトリー(左右非対称)となっている。

具体的な装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・ボルドーレッドロールトップ
・ツートンカラーサイドミラー
・内部ブラック塗装エキパイフィニッシャー
・はっ水ボディーコート「ウルトラグラスコーティングNEO」
・ドアガラスはっ水ガラスコート

<インテリア>
・アシンメトリーカラースポーツレザーシート(運転席、専用レッドステッチ)
・本革巻きステアリングホイール
・シフトブーツ
・本革巻きMTシフトノブ(シフトパターン刻印はレッド)
・シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート
・センターディスプレイ(internavi POCKET連携対応)

<安全性>
・シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能*) *=CVT車のみ

(webCG)

→「ホンダS660コンセプトエディション」の詳しい写真(カースコープ)はこちら

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.7.20 試乗記 ホンダの軽オープンスポーツ「S660」に、走りの質を高めたコンプリートカー「モデューロX」が登場。ベースモデルと比べてお値段ざっと1.3倍、シリーズ初となるスポーツカーの出来栄えやいかに!?
  • モデューロの歴史を彩る新旧3台を比較試乗 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> ホンダの純正カスタマイズブランド、Modulo(モデューロ)のコンプリートカー「ホンダS660モデューロX」に試乗。モデューロの用品を取り付けた「ビート」や初代「NSX」との比較なども通して、このブランドの特徴と、今日に受け継がれる走りの思想を探った。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
ホームへ戻る