ホンダS660に660台の限定車が登場

2015.03.30 自動車ニュース
「S660コンセプトエディション」
「S660コンセプトエディション」 拡大

「ホンダS660」に660台の限定車が登場

本田技研工業は2015年3月30日、軽オープンスポーツカー「S660(エスロクロクマル)」に特別仕様車「CONCEPT EDITION(コンセプトエディション)」を設定し、4月2日に発売すると発表した。価格は6MT仕様、CVT仕様ともに238万円。

6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。
6MT仕様のインテリア。シートカラーは運転席側がライトグレー、助手席側がダークグレーとなる。 拡大
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。
シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート。 拡大
ボルドーレッドのロールトップ。
ボルドーレッドのロールトップ。 拡大

■ショーモデル「S660コンセプト」をモチーフに

今回の特別仕様車はS660の発表、発売に合わせて設定された660台の限定モデルであり、2013年の東京モーターショーに出展された「S660コンセプト」をモチーフにしたという内外装の仕立てが特徴となっている。ボディーカラーは「プレミアムスターホワイト・パール」のみ。シートカラーは、ライトグレーとダークグレーのアシンメトリー(左右非対称)となっている。

具体的な装備の内容は以下の通り。

<エクステリア>
・ボルドーレッドロールトップ
・ツートンカラーサイドミラー
・内部ブラック塗装エキパイフィニッシャー
・はっ水ボディーコート「ウルトラグラスコーティングNEO」
・ドアガラスはっ水ガラスコート

<インテリア>
・アシンメトリーカラースポーツレザーシート(運転席、専用レッドステッチ)
・本革巻きステアリングホイール
・シフトブーツ
・本革巻きMTシフトノブ(シフトパターン刻印はレッド)
・シリアルナンバー(1~660)付きアルミプレート
・センターディスプレイ(internavi POCKET連携対応)

<安全性>
・シティブレーキアクティブシステム(低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能*) *=CVT車のみ

(webCG)

→「ホンダS660コンセプトエディション」の詳しい写真(カースコープ)はこちら

関連キーワード:
S660, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ S660 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・スープラRZ“ホライズンブルーエディション”(FR/8AT)【試乗記】 2020.8.24 試乗記 デビューからわずか1年余りで、エンジンのパワーアップを伴う大きな改良を受けた「トヨタ・スープラRZ」。“いいものがあれば即座に使う”というGRならではのクルマづくりは、3リッター直6ターボの高性能スポーツカーに、劇的な進化をもたらしていた。
ホームへ戻る