日産エクストレイルにハイブリッドモデル登場

2015.04.07 自動車ニュース
「日産エクストレイル ハイブリッド」と日産自動車の片桐隆夫副社長(右)、星野朝子専務執行役員(左)。
「日産エクストレイル ハイブリッド」と日産自動車の片桐隆夫副社長(右)、星野朝子専務執行役員(左)。
    拡大

「日産エクストレイル」にハイブリッドモデル登場

日産自動車は2015年4月7日、ミドルサイズSUV「エクストレイル」にハイブリッドシステム搭載車を設定し、同年5月13日に発売すると発表した。

■燃費性能は20.0~20.6km/リッター

同車のハイブリッドシステムは「スカイライン」や「フーガ」「シーマ」などと同じ1モーター2クラッチ・パラレル方式の「インテリジェントデュアルクラッチコントロール」で、必要に応じてエンジンとモーターを切り離すことにより、高速域でのモーター走行とブレーキエネルギー回生の高効率化を実現している。また「MR20DD」型2リッター直4直噴エンジンについても、ハイブリッドシステムの搭載に合わせて補機ベルトの廃止や低フリクションオイルシールの採用といった改良を実施。トランスミッションにはガソリン車と同じくエクストロニックCVTを採用している。

このパワートレインに加え、フロア下の空力性能の向上、ハイブリッド車専用低転がり抵抗タイヤの装着などにより、燃費性能はFF車で20.6km/リッター、4WD車で20.0km/リッターを達成(ともにJC08モード)。同時に2.5リッターのガソリンエンジン車を超える動力性能を実現しているという。

バッテリーはコンパクトかつ素早い充放電が可能なリチウムイオン式で、乗車スペースの後方に搭載。ラゲッジルームの容量は430リッターを確保した。

装備についても強化を図っており、エクストレイルでは初めて、スマートフォン連携機能を備えた「NissanConnectナビゲーションシステム」を搭載。予防安全機能として、緊急自動ブレーキを全車に採用している。

シートレイアウトは2列5人乗りのみで、ガソリン車に用意される3列7人乗りの設定はない。標準車に加え、オーテックジャパンのカスタマイズモデル「エクストリーマーX」「ブラック エクストリーマーX」にもハイブリッド車が用意される。

価格は以下の通り。
・20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF):280万4760円
・20Xハイブリッド“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD):301万1040円
・20Xハイブリッド エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD):321万6240円
・20Xハイブリッド ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD):324万円

(webCG)
 

関連キーワード:
エクストレイル, 日産, 自動車ニュース

日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(前編) 2020.11.26 谷口信輝の新車試乗 「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」に、谷口信輝が試乗。レクサスこだわりのラグジュアリースポーツカーの走りは、プロの目にどのように映ったのか?
  • スバルが新型「BRZ」の概要を発表 北米仕様車は2.4リッターエンジン搭載 2020.11.18 自動車ニュース スバルは2020年11月18日、FRスポーツカー「BRZ」の新型(北米仕様車)を世界初公開した。フルモデルチェンジを機に、エンジンの排気量は拡大。AT車には運転支援システム「アイサイト」が搭載される。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • レクサスES300h“Fスポーツ” 2018.10.24 画像・写真 レクサスのミッドサイズセダン「ES」の最新型には、ES史上初となるスポーティーグレード“Fスポーツ”が設定される。専用のエアロパーツや特別仕立てのインテリアなど、その特徴的なディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る