プジョー208GTiに、205GTiデビュー30周年記念車

2015.04.08 自動車ニュース
「プジョー208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」
「プジョー208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」
    拡大

「プジョー208GTi」に「205GTi」のデビュー30周年を祝う限定モデル登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年4月8日、「プジョー208」に特別仕様車「208GTi 30th Anniversary(サーティエス・アニバーサリー)」を設定し、同年5月1日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、「205GTi」のデビュー30周年を記念した限定モデルであり、日本へは50台が導入される。特徴は最高出力を208psに、最大トルクを30.6kgmに高めたエンジン(標準モデルは200ps、28.0kgm)や、専用にチューニングされた足まわり、プジョースポールのロゴを配したバケットシートなど。

外装色は2色で、「サテン・ホワイト」に加え、特別色としてコンセプトカー「EXALT(エグザルト)」をほうふつさせるマットブラックとソリッドレッドのツートンカラー「クープ・フランシュ」が用意されている。

具体的な特別装備の内容は以下の通り。

エクステリア
・フロントグリルやホイールアーチなどのマットブラックパーツ
・記念エンブレム(リアクオーターピラー)
・マットブラック18インチホイール
・レッドブレーキキャリパー

インテリア
・プジョースポールロゴ入りバケットシート(アルカンターラ、テップレザー、ファブリックのコンビタイプ)
・ブラックパネル(タッチスクリーン下部)
・レッドライン付きインナードアハンドル
・アルミペダル&フットレスト
・シリアルナンバープレート(室内灯上部)

エンジンやドライブトレイン
・専用チューニングの1.6リッター直4 DOHCターボエンジン(最高出力208ps、最大トルク30.6kgm)
・トルセンLSD
・専用ショックアブソーバー
・専用スプリング
・専用ESPプログラム
・専用パワーステアリング
・ストップ&スタート機構

価格は以下の通り。
・208GTi 30th Anniversary(サテン・ホワイト):358万円
・208GTi 30th Anniversary(クープ・フランシュ):388万円

(webCG)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 208 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • レクサスNX【開発者インタビュー】 2021.10.7 試乗記 2021年6月に初のフルモデルチェンジが発表された「レクサスNX」。都会派のミドルサイズSUVは、いかなる進化を遂げたのか。国内仕様の発表にあたり、チーフエンジニアの加藤武明さんにブランド変革の方向性も含めて話を聞いた。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
ホームへ戻る