スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売

2015.04.16 自動車ニュース
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」 拡大

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」発売

富士重工業は2015年4月16日、新型のクロスオーバー車「スバル・エクシーガ クロスオーバー7(セブン)」を発売した。

エクシーガ クロスオーバー7は、スバルの多人数乗用車「エクシーガ」をベースにファッション性や本格SUVの要素を加えたという、クロスオーバー車。これまでのエクシーガに代わる、新たな“7シーターSUV”である。

エクステリアは、前後バンパーやホイールアーチ、サイドシルのクラッディングが特徴で、大型フロントグリルやルーフレール、ブラック塗装+切削光輝の専用17インチアルミホイールなどで、SUVらしい力強さが表現される。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4780×1800×1670mm。最低地上高は、エクシーガよりも10mm高い170mmが確保されている。

一方インテリアは、タンのレザーやブルーグリーンのステッチを採用したシートとステアリングホイールを装備。ピアノブラックおよび金属調の加飾で、上質感も演出される。

エンジンは、2.5リッター水平対向4気筒のみの設定。スバル独自のCVT「リニアトロニック」を介して、4輪を駆動する。足まわりにはエクシーガ クロスオーバー7用に新開発されたサスペンションを採用。「車高の高さを感じさせない、優れた操縦安定性や質感高いしなやかな乗り心地を実現した」とうたわれる。

アイサイト(ver.2)、SRSサイドエアバッグ、サードシート対応SRSカーテンエアバッグなどの安全装備や、運転席&助手席8ウェイパワーシートやシートヒーターといった快適装備も標準で与えられる。
価格は、275万4000円。

エクシーガは日本とオーストラリアで販売されたが、エクシーガ クロスオーバー7は国内限定モデルとなる。

(webCG)

→「エクシーガ クロスオーバー7」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・アウトバック ウィルダネス 2021.3.31 画像・写真 スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表。「アウトバック」をベースに最低地上高を拡大したほか、専用サスペンションやオールテレインタイヤを装備。走破性と機能性をさらに強化したというニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表 2021.3.31 自動車ニュース スバルは2021年3月30日(現地時間)、北米専用の新型車「アウトバック ウィルダネス」を米国で発表した。「アウトバック」をベースに、その本質的価値を保ちつつ悪路走破性と機能性を強化した新たな派生モデルとなっている。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • 国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目 2021.4.19 デイリーコラム スバルの新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」が米国でデビュー。その一方で、かの地で先行発売された新型「アウトバック」の国内販売がみえてきた。これら2モデルの注目すべきポイントとは?
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る