スバル・エクシーガ クロスオーバー7、発売

2015.04.16 自動車ニュース
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」 拡大

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」発売

富士重工業は2015年4月16日、新型のクロスオーバー車「スバル・エクシーガ クロスオーバー7(セブン)」を発売した。

エクシーガ クロスオーバー7は、スバルの多人数乗用車「エクシーガ」をベースにファッション性や本格SUVの要素を加えたという、クロスオーバー車。これまでのエクシーガに代わる、新たな“7シーターSUV”である。

エクステリアは、前後バンパーやホイールアーチ、サイドシルのクラッディングが特徴で、大型フロントグリルやルーフレール、ブラック塗装+切削光輝の専用17インチアルミホイールなどで、SUVらしい力強さが表現される。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4780×1800×1670mm。最低地上高は、エクシーガよりも10mm高い170mmが確保されている。

一方インテリアは、タンのレザーやブルーグリーンのステッチを採用したシートとステアリングホイールを装備。ピアノブラックおよび金属調の加飾で、上質感も演出される。

エンジンは、2.5リッター水平対向4気筒のみの設定。スバル独自のCVT「リニアトロニック」を介して、4輪を駆動する。足まわりにはエクシーガ クロスオーバー7用に新開発されたサスペンションを採用。「車高の高さを感じさせない、優れた操縦安定性や質感高いしなやかな乗り心地を実現した」とうたわれる。

アイサイト(ver.2)、SRSサイドエアバッグ、サードシート対応SRSカーテンエアバッグなどの安全装備や、運転席&助手席8ウェイパワーシートやシートヒーターといった快適装備も標準で与えられる。
価格は、275万4000円。

エクシーガは日本とオーストラリアで販売されたが、エクシーガ クロスオーバー7は国内限定モデルとなる。

(webCG)

→「エクシーガ クロスオーバー7」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(後編)【試乗記】 2020.1.9 試乗記 国産セダンユーザーの取り込みを狙う「ボルボS60」と、日本を代表するセダン「トヨタ・クラウン」を比較試乗。後編ではパワートレインとシャシー性能に注目し、SUV全盛期にあえてセダンを選ぶ理由を考える。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る