スバル、充実装備の特別な「クロスオーバー7」を発売

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7 アクティブスタイル」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7 アクティブスタイル」 拡大

富士重工業は2016年10月3日、「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」に特別仕様車「アクティブスタイル」を設定し、販売を開始した。

今回のアクティブスタイルは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第5弾にあたる。ベース車は「2.5i EyeSight」で、同車専用に仕立てられた内外装や、防汚性に配慮した装備などを特徴としている。

特別装備は以下の通り。
・はっ水ファブリック/合成皮革シート(グレー/グレー&タン、ブルーグリーンステッチ)
・リバーシブルカーゴフロアボード
・ガンメタリック塗装+切削光輝17インチアルミホイール
・インパネ加飾(タン&ブラックレザー調素材、ブルーグリーンステッチ)
・ドアトリム(はっ水ファブリック:グレー)
・ブラックレザー調素材リアクオータートリム

価格は276万4800円。

(webCG)

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
ホームへ戻る