スバル、充実装備の特別な「クロスオーバー7」を発売

2016.10.03 自動車ニュース
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7 アクティブスタイル」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7 アクティブスタイル」 拡大

富士重工業は2016年10月3日、「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」に特別仕様車「アクティブスタイル」を設定し、販売を開始した。

今回のアクティブスタイルは、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念した特別仕様車の第5弾にあたる。ベース車は「2.5i EyeSight」で、同車専用に仕立てられた内外装や、防汚性に配慮した装備などを特徴としている。

特別装備は以下の通り。
・はっ水ファブリック/合成皮革シート(グレー/グレー&タン、ブルーグリーンステッチ)
・リバーシブルカーゴフロアボード
・ガンメタリック塗装+切削光輝17インチアルミホイール
・インパネ加飾(タン&ブラックレザー調素材、ブルーグリーンステッチ)
・ドアトリム(はっ水ファブリック:グレー)
・ブラックレザー調素材リアクオータートリム

価格は276万4800円。

(webCG)

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第35回:ほった家のお家騒動 2020.5.23 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして webCGほったの実家で、マイカーの買い替え騒動がぼっ発! 大食漢の「ダッジ・バイパー」以上に記者を振り回す父の言動。今日の常識をくつがえすような自動車への要望……。小市民のクルマ探しにみる悲喜こもごもを、赤裸々につづる。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • 数字が雄弁に物語る 「レクサスGS」が販売終了となる理由 2020.5.27 デイリーコラム 2020年4月にトヨタ自動車は、「レクサスGS」の特別仕様車を発表すると同時に、GSそのものを生産終了することも発表した。かねてうわさされていたGSの生産終了ではあるものの、そこにはどんな事情があったのだろうか。
  • 第177回:フェラーリの事故今昔物語 2020.5.26 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第177回は「フェラーリの事故今昔物語」。購入したばかりの「348GTS」の車両保険をめぐり、ある疑問が湧き起こる。事故リスクが想定外に低く算定されていたのはナゼ? 過去と現在を比べ、その背景について考察する。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る