スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車

2017.03.13 自動車ニュース
「スバル・クロスオーバー7 X-BREAK」
「スバル・クロスオーバー7 X-BREAK」拡大

富士重工業は2017年3月13日、「スバル・クロスオーバー7」のカラーバリエーションを変更するとともに、特別仕様車「X-BREAK」を設定し、同年4月3日に発売すると発表した。

新規設定色の「ヴェネチアンレッド・パール」。
新規設定色の「ヴェネチアンレッド・パール」。拡大
新規設定色「クォーツブルー・パール」。
新規設定色「クォーツブルー・パール」。拡大
「X-BREAK」のインストゥルメントパネルまわり。
「X-BREAK」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)拡大

今回の変更では、ボディーカラー5色のうちの2色を「ヴェネチアンレッド・パール」「クォーツブルー・パール」に変更した。

同時に設定されたX-BREAKは、SUV「フォレスター」にラインナップされる同名のモデルと同じく、内外装を専用の装飾パーツでスポーティーかつカジュアルにコーディネートするとともに、レジャーユースで役立つ装備を取り入れた特別仕様車となっている。

特別装備の内容は以下の通り。

  • 「CROSSOVER7」ロゴ(オレンジ)入りサイドクラッディング
  • 「X-BREAK」リアオーナメント
  • 17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
  • 助手席インパネ加飾(タン&ブラックレザー調素材)
  • はっ水ファブリック/合成皮革シート(ブラック/ブラック&タン)
  • リバーシブルカーゴフロアボード
  • ブラックカラードドアミラー

ラインナップと価格は以下の通り。
2.5i EyeSight:275万4000円
モダンスタイル:275万4000円
X-BREAK:276万4800円

(webCG)
 

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスターX-BREAK(4WD/CVT)【試乗記】 2018.9.19 試乗記 5代目「スバル・フォレスター」に試乗。パッと見は「どこが新しくなったの?」という感じのキープコンセプトだが、中身はさにあらず! 派手さはなくてもユーザーの使い勝手を徹底的に考慮した、真摯(しんし)なクルマに仕上がっているのだ。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る