スバルの「エクシーガ クロスオーバー7」がついに生産終了へ

2017.11.01 自動車ニュース

スバルは2017年11月1日、「エクシーガ クロスオーバー7」を2018年3月末をもって生産終了する。受注受け付けは2017年12月18日まで行われる。

エクシーガ クロスオーバー7は、3列シート車「エクシーガ」をベースとしたクロスオーバーモデルとして、2015年4月に登場。ベースとなったエクシーガも含めると、モデルライフは今年で10年目という“ご長寿モデル”だった。

現在、スバルがラインナップする3列シート車はエクシーガ クロスオーバー7のみ。また第45回東京モーターショーにおいて、吉永泰之社長が「『アセント』(北米向けの3列シートSUV)の日本導入は検討していない」と述べていることから、同車の生産終了後、しばらくはスバルのラインナップから3列シート車が消滅することとなりそうだ。

(webCG)
 

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」拡大

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター ツーリング(4WD/CVT)【試乗記】 2018.10.23 試乗記 現行型「スバル・フォレスター」の“素”の実力を確かめるべく、ベースグレード「ツーリング」に試乗。気持ちのいいエンジンや快適な乗り心地、使う人のことを考えた安全装備と各部の使い勝手などに、新しくなったフォレスターの底力を感じた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • 【ニューヨークショー2019】新型「スバル・アウトバック」がデビュー 2019.4.18 自動車ニュース スバルは2019年4月17日(現地時間)、ニューヨーク国際オートショー(会期:4月17日~28日)において、6代目「アウトバック」を世界初公開した。新型には、タフなイメージを強調した新グレードも設定される。
ホームへ戻る