スバルの「エクシーガ クロスオーバー7」がついに生産終了へ

2017.11.01 自動車ニュース

スバルは2017年11月1日、「エクシーガ クロスオーバー7」を2018年3月末をもって生産終了する。受注受け付けは2017年12月18日まで行われる。

エクシーガ クロスオーバー7は、3列シート車「エクシーガ」をベースとしたクロスオーバーモデルとして、2015年4月に登場。ベースとなったエクシーガも含めると、モデルライフは今年で10年目という“ご長寿モデル”だった。

現在、スバルがラインナップする3列シート車はエクシーガ クロスオーバー7のみ。また第45回東京モーターショーにおいて、吉永泰之社長が「『アセント』(北米向けの3列シートSUV)の日本導入は検討していない」と述べていることから、同車の生産終了後、しばらくはスバルのラインナップから3列シート車が消滅することとなりそうだ。

(webCG)
 

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」拡大

関連キーワード:
エクシーガ クロスオーバー7, スバル, 自動車ニュース

スバル エクシーガ クロスオーバー7 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・フォレスター アドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2018.12.13 試乗記 新型「フォレスター」のフルモデルチェンジから少し遅れて登場した、モーターアシスト機能付きパワーユニット「e-BOXER」搭載の「アドバンス」。刷新されたプラットフォームと進化したハイブリッドパワートレインの組み合わせは、どんな走りをもたらすのか。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ホンダN-ONE【開発者インタビュー】 2020.11.19 試乗記 丸いような四角いような、クラシックでシンプルなスタイリングが特徴の「ホンダN-ONE」がフルモデルチェンジ。実用性重視のトールワゴン全盛期に、趣味性に振った軽乗用車を存続させた意図とは? “個性派モデル”にかけるホンダの意気込みを、開発者に聞いた。
ホームへ戻る