ホンダ、N-WGNの燃費を29.4km/リッターに改善

2015.04.16 自動車ニュース
「ホンダN-WGN G・Lパッケージ」
「ホンダN-WGN G・Lパッケージ」 拡大

ホンダが「N-WGN」の燃費を29.4km/リッターに改善

本田技研工業は2015年4月16日、軽乗用車「N-WGN」と「N-WGNカスタム」に一部改良を実施し、同年4月17日に発売すると発表した。

「N-WGN G・Lパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。
「N-WGN G・Lパッケージ」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「N-WGN G・Lパッケージ」のシート。
「N-WGN G・Lパッケージ」のシート。 拡大
「オートリトラミラー」
「オートリトラミラー」 拡大
新色「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の「N-WGN Gスタイリッシュパッケージ」(奥)と、「プレミアムベルベットパープル・パール」の「N-WGNカスタムG・Lパッケージ」(手前)。
新色「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」の「N-WGN Gスタイリッシュパッケージ」(奥)と、「プレミアムベルベットパープル・パール」の「N-WGNカスタムG・Lパッケージ」(手前)。 拡大

今回の改良では、インジェクター噴霧の最適化やCVTサーモバルブの採用などにより、燃費性能をFFの自然吸気モデルで29.4km/リッター(JC08モード)に向上させた。

装備の強化も図っており、「シティブレーキアクティブシステム」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」「サイドカーテンエアバッグシステム」をセットにした「あんしんパッケージ」を全グレードにオプション設定。また、軽く触れると3回点滅する「ワンタッチウインカー」を標準で採用した。

このほかにも、標準車の「G」を除く全グレードにプラズマクラスター技術搭載フルオートエアコンディショナーを採用。「G」「カスタムG」を除く全グレードに、赤外線(IR)を抑え、紫外線(UV)を約99%カットする「IRカット<遮熱>/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス」と「IRカット<遮熱>/スーパーUVカットフロントドアガラス)」、ドアロックに連動してドアミラーを自動で格納する「オートリトラミラー」、ワンセグTV対応マイクロアンテナやリアワイドカメラからなる「ナビ装着用スペシャルパッケージ」を装備した。

ボディーカラーについては、新色の「プレミアムホワイト・パールII」「プレミアムピンク・パール」「プレミアムベルベットパープル・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「ミラノレッド」を含む、全11色の設定とした。

価格は標準車が116万4000円~147万円、カスタムが138万円~163万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-WGN, N-WGNカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-WGN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
ホームへ戻る