クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)

指折り数えて待つが吉 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。

人騒がせなEPB

新型N-WGNといえば、今年2019年8月に発売となり、発売2週間で受注2万台突破……と、スタートダッシュにも成功した。各メディアでの評価も上々である。しかし、すでに一般の経済系ニュースでも取り上げられているが、2019年11月現在、その生産が停止している。

キッカケは出荷前検査で電動パーキングブレーキ(EPB)に警告灯の異常点灯が見つかったことだ。しかも、その件をサプライヤーに確認している最中に、同部品を使う他社製品で別の不具合が判明したこともあって、対策に時間がかかっているという。

さらに、今秋に発売予定だった新型「フィット」にも同じ部品が使われたために、ホンダのEPB問題はさらに拡大。ついには、八郷隆弘社長が10月23日の東京モーターショープレスデーで説明する事態になった。

八郷社長によると、この11月に発売予定だった新型フィットはEPBを代替部品に(正確には、問題となっているドラム式をやめて、当初は上級モデル専用だったディスク式に統一)することで、あらためて2020年2月に発売する。また、N-WGNについては、部品供給を整えて、年明けの2020年はじめにも生産再開する見通し……とのことである。

そういえば、EPBを軽自動車(以下、軽)に初めて持ち込んだのもホンダだった。2014年末に「N-BOXスラッシュ」で軽初のEPBを商品化した際は「力の弱い女性でもスマートにあつかえます」というアピールが第一だったが、それは同時に世界初のドラム式EPBでもあった。

当時はコストのわりにメリットもさほど大きくなさそうだったEPBをあえて採用したのも、今から思えば新型N-WGNへの布石だった?……とは、さすがに妄想がすぎるだろうか(EPBのサプライヤーも両車で異なるらしいし)。

今回のテスト車は「N-WGNカスタムL・ターボHonda SENSING」。未来的な印象に生まれ変わったカスタムのハイエンドグレードだ。
今回のテスト車は「N-WGNカスタムL・ターボHonda SENSING」。未来的な印象に生まれ変わったカスタムのハイエンドグレードだ。拡大
ドット柄のフロントグリルやフラットな形状のヘッドランプをコンパクトにレイアウト。既存の軽自動車とは一味違った表情をつくり上げている。
ドット柄のフロントグリルやフラットな形状のヘッドランプをコンパクトにレイアウト。既存の軽自動車とは一味違った表情をつくり上げている。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1705mm。先代モデルよりも50mm背が高くなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=3395×1475×1705mm。先代モデルよりも50mm背が高くなっている。拡大
クリアータイプのリアコンビランプは「カスタム」専用装備となっている。
クリアータイプのリアコンビランプは「カスタム」専用装備となっている。拡大

大活躍のEPB

なにはともあれ、N-WGNの生産停止当初はウワサがウワサを呼んでいたので、公式な見通しが発表されたことは、現在納車待ちの顧客にとっても、これからオーダーしようとしていた潜在顧客にとっても朗報である。

そんなEPBだが、それは新型N-WGNの高い商品力を支えるキモのひとつでもある。そして、軽ではこれらホンダの2台(「N-BOX」はいまだ足踏み式)に「日産デイズ(「三菱eKワゴン/eKクロス」という兄弟車を含む)」を加えた実質3車種にしか搭載例のない贅沢品でもある。

N-BOXスラッシュでは“労力軽減装備”にすぎなかったEPBも、この2019年に登場した新型N-WGNと新型デイズ(とその兄弟車)では果たす役割が大きく変わっている。最新のEPB最大の任務はやはり、全車速対応アダプティブクルーズコントロール(ACC)における渋滞時の停車と発進アシストにある。新型N-WGNではEPBも「ホンダセンシング」も全車標準装備なので判別しにくいが、デイズ(とその兄弟車)のEPBはあくまで自慢の「プロパイロット(あるいはMIパイロット)」装着車専用の抱き合わせ装備なのだ。

全車速対応ACCに車線中央を積極的に維持する「レーンキープアシスト」を組み合わせたN-WGNの“自動運転”感は、これまで刺激的なキャッチフレーズで宣伝されてきた日産プロパイロットとほとんど差がない。混雑した高速道路での、不規則な加減速をともなう日本的な交通の流れにもピタリと追従して、ステアリングに軽く手を添えているだけで車線内にレールがあるかのように走る。

こういう場面では、今回の「ターボ」のように低速から滑らかに強力トルクを供出するパワートレインもドンピシャ。それに、この安定した車線維持能力は単純に制御システムの性能だけでなく、間違いなく軽トップといえるシャシーそのものの直進性が大きく寄与しているのは容易に想像がつく。

新型「N-WGN」では運転支援装備「ホンダセンシング」が全車に標準装備。ACCは全車速に対応するほか、電動パーキングブレーキの採用によって渋滞時の停止と再発進も可能になった。
新型「N-WGN」では運転支援装備「ホンダセンシング」が全車に標準装備。ACCは全車速に対応するほか、電動パーキングブレーキの採用によって渋滞時の停止と再発進も可能になった。拡大
インテリアはブラックを基調に、インパネの一部にチタン調の偏光塗装を施したパネルをコーディネート。いたるところに小物入れスペースが用意されるほか、3口並んだUSBソケットが備わるなど、使い勝手が練られている。
インテリアはブラックを基調に、インパネの一部にチタン調の偏光塗装を施したパネルをコーディネート。いたるところに小物入れスペースが用意されるほか、3口並んだUSBソケットが備わるなど、使い勝手が練られている。拡大
トランスミッションはCVTを採用。地味なポイントながら、シフトセレクター周辺のシルバー加飾は「カスタム」専用だ。
トランスミッションはCVTを採用。地味なポイントながら、シフトセレクター周辺のシルバー加飾は「カスタム」専用だ。拡大
本革巻きステアリングホイールは「カスタム」のターボモデル専用装備。ACCの操作スイッチは右スポークにレイアウトされる。
本革巻きステアリングホイールは「カスタム」のターボモデル専用装備。ACCの操作スイッチは右スポークにレイアウトされる。拡大

ケチのつけどころがない!

今どきの軽ハイトワゴンが、室内空間だけでいえば高級サルーンなみに広いのはいうまでもない。新型N-WGNの内装ではほかにも、毛織物があしらわれて触感のいいドアトリムやメーター内のカラー液晶など、完全にひとクラス上のコンパクトカーレベルで感心する部分は多い。

しかし、ステアリングにリーチ方向のテレスコピック調整が追加されたと同時に、前席のシートスライドが後方に延長された点にいたっては、身長178cmで手足の短い日本人体形の筆者には感心の域を超えて、心にしみる改良である。これまでの軽乗用車ではほぼ例外なく「あと1ノッチ後に下げられれば……」とツッコミを入れていたが、この新型N-WGNでは、最後端までまだ1ノッチ残した位置でドラポジが決まった。

それに加えて、新型N-WGNは印象的なほどビターッとまっすぐ走り、クルマまかせのACC走行でも高速交通の流れに余裕しゃくしゃくで追従するほどパワフル。ターボエンジンが7000rpm(!)のトップエンドまで吹け上がっても、あるいはザラザラの荒れた舗装路面上でもはっきりと静かである。

高速でも目地段差をまろやかにいなし、路面の凹凸をある種の潤いをもって吸収して、ナロー感など微塵も感じさせずに踏ん張るその乗り味には“しっとり”や“重厚”、さらに“フラット”といった軽らしからぬ形容表現ばかりが思い浮かぶ。山坂道での走りもフトコロ深く、リアがドシッと安定した軸になりながら、立ち上がりでわずかにお尻を沈める旋回姿勢と安定性は素直に素晴らしい。

変速機のCVTもさらに熟成されて、きちんとブレーキを踏んであげるだけで“待ってました!”とばかりに絶妙にレシオを低める「ステップダウンシフト制御」が組み込まれた。これに慣れるとエンジンブレーキも思いどおりで、市街地から山道までとても便利だ。

左コーナーを行く「N-WGNカスタムL・ターボHonda SENSING」。リアにスタビライザーが備わるのはターボモデルのみ(フロントは全車標準)。
左コーナーを行く「N-WGNカスタムL・ターボHonda SENSING」。リアにスタビライザーが備わるのはターボモデルのみ(フロントは全車標準)。拡大
ファブリックとトリコット(合皮)を組み合わせた「カスタム」のターボ車専用シート。ファブリックには起毛加工が施されている。
ファブリックとトリコット(合皮)を組み合わせた「カスタム」のターボ車専用シート。ファブリックには起毛加工が施されている。拡大
リアシートの座面下に傘などをしまえる収納スペースが備わるのは従来型と同じ。取り外して洗えるようになったのが新しい。
リアシートの座面下に傘などをしまえる収納スペースが備わるのは従来型と同じ。取り外して洗えるようになったのが新しい。拡大
リアシートは左右一体での前後スライド機構が備わる(リクライニングは左右個別)。写真は一番前にスライドしたところ。
リアシートは左右一体での前後スライド機構が備わる(リクライニングは左右個別)。写真は一番前にスライドしたところ。拡大

凝りすぎた機能はいらない

N-WGNはいうまでもなく、最新Nシリーズ共通のプラットフォームを使ったハイトワゴンである。先代モデルからは骨格から完全刷新されたが、特徴的なセンタータンクレイアウトによる車体後半の低床設計は健在だ。

ホンダの担当者によると、N-BOXのようなスーパーハイトワゴンと比較して、この種のハイトワゴンには情緒的なユーザーが明らかに少ないという。価格や使い勝手にとてもシビアで、1台のクルマに長く乗る傾向が強い。また、毎日の道具として使い倒すので、使い勝手にはうるさいが、複雑なシートアレンジや凝りすぎた機能は喜ばれないともいう。

先代の荷室は一見すると他社と同じようでありながら、じつは床下に低床プラットフォームならではの大容量収納が隠されていたのだが、ユーザーからは「そもそも床下に収納があるなんて知らなかった」という声もあったとか。そこで新型ではテールゲートを開けただけですべてが分かる構造にした。

耐荷重50kgのフロアボードで仕切られる1階と2階の寸法も絶妙なサイジングである。たとえば1階は週末にまとめ買いしがちな缶ビールやペットボトルの段ボール箱がピタリと収まる形状になっている。そして2階にはイ〇ンの買い物カゴを2個、横にならべて積めるようになっている。想定カゴがなぜイオ〇なのかというと、国内の数ある大手スーパーの純正カゴのなかでも〇オンのそれがもっとも大きいからだそうだ。

さらにフロアボードをはずせば大型スーツケースや灯油タンクが縦に4個ならべられるし、後席シートバックを倒さずともタイヤ4本がピタリとおさまる。とくにタイヤ4本をシートも倒さずに積めるのは、毎年スタッドレスを引っ張り出して履き替える積雪地ユーザーには、目からウロコの便利さだろう。N-WGNにはそういうユーザー目線の工夫があふれる。

荷室の床面が先代モデルよりも150mm低められたほか、デッキボードによる分かりやすい2段構造とされた。この状態でもボードの上にイ〇ンの買い物カゴが2つ載るという。
荷室の床面が先代モデルよりも150mm低められたほか、デッキボードによる分かりやすい2段構造とされた。この状態でもボードの上にイ〇ンの買い物カゴが2つ載るという。拡大
リアシートをスライドさせることで荷室の奥行きを拡大できる。荷室側からでも操作できるのが便利だ。また、荷室の開口部の高さも先代モデルよりも低められ、490mmに。
リアシートをスライドさせることで荷室の奥行きを拡大できる。荷室側からでも操作できるのが便利だ。また、荷室の開口部の高さも先代モデルよりも低められ、490mmに。拡大
リアシートの背もたれを倒すと、デッキボードからフラットな空間が広がる。ボードの下段は個別に使えるところがうれしい。
リアシートの背もたれを倒すと、デッキボードからフラットな空間が広がる。ボードの下段は個別に使えるところがうれしい。拡大
デッキボードは折りたたんでリアシートの背もたれの裏に固定できる。この状態であれば大型スーツケースを立てて並べられる。
デッキボードは折りたたんでリアシートの背もたれの裏に固定できる。この状態であれば大型スーツケースを立てて並べられる。拡大

シリーズ開発の強み

「軽しか売れない」というのが現代ニッポン自動車市場の悩みというが、こんなに機能も性能も質感も完璧(?)で日本での使い勝手バツグンのスモールカーが200万円で買えて、下手な登録車よりリセールもいいのだから、売れるのは当然である。200万円というと従来の軽イメージでは高いかもしれないが、クルマそのもののデキを見れば絶対的には高くない。

そういう日本市場の現状を真正面から受け入れて、そこで覇権を取るべく開発されたのがNシリーズである。そんなNシリーズが例外なくよくデキているのは、まあ「つくり手がそれだけ頑張っているから」なのだが、もうひとつ、ホンダのNはすべての技術要素やコンポーネントを高度に共通化した“シリーズ開発”であることも大きい。

ほかにもマツダの新世代商品群もシリーズ開発の典型であり、トヨタの「TNGA」やフォルクスワーゲンの「MQB」なども広義ではシリーズ開発といえる。シリーズ開発では、ある商品で開発した技術や部品を次の商品にそのまま活かせるようにモジュール化するのがキモなので、余計なコストや時間がかからず、必然的に「最新の○○は最良の○○」となりやすいのもメリットである。

よって、今回のN-WGNの各部も、これまでのN-BOXや「N-VAN」で培われた技術や知見がそのまま土台となり、さらに進化した状態で仕上がっている。たとえば、パワートレインはこれまでのNでもっともリニアで使いやすく、先進安全のホンダセンシングは史上もっとも高性能かつ多機能で、ダイナミクス性能もこれまでに輪をかけて優秀である。しかも、N-WGNは(旧世代の「N-ONE」を除く)今のNシリーズでは、当然のごとく、もっとも低重心で最軽量、構造的に剛性も高い。粒ぞろいのNシリーズでも、N-WGNの走りが群をぬいて優秀なのは当然といえば当然なのだ。

テスト車のボディーカラーは「カスタム」専用の「シャイニンググレーメタリック」。カスタムには単色7色、ツートン4タイプの全11種類をラインナップする。
テスト車のボディーカラーは「カスタム」専用の「シャイニンググレーメタリック」。カスタムには単色7色、ツートン4タイプの全11種類をラインナップする。拡大
タイヤサイズは165/55R15で、テスト車にはブリヂストンの低燃費タイヤ「エコピアEP150」が装着されていた。
タイヤサイズは165/55R15で、テスト車にはブリヂストンの低燃費タイヤ「エコピアEP150」が装着されていた。拡大
「カスタム」専用となる大型のテールゲートスポイラー。リアウィンドウを前に傾斜させることで軽規格内におさめている。
「カスタム」専用となる大型のテールゲートスポイラー。リアウィンドウを前に傾斜させることで軽規格内におさめている。拡大
新型「N-WGN」は、「N-BOX」「N-VAN」に続く、新世代「N」シリーズ第3弾。3モデルの中ではもっとも低重心なだけあって、その運動性能は優秀だ。
新型「N-WGN」は、「N-BOX」「N-VAN」に続く、新世代「N」シリーズ第3弾。3モデルの中ではもっとも低重心なだけあって、その運動性能は優秀だ。拡大

技術も人材もシリーズ化

Nシリーズの企画開発チームは現在、その生産を担当する鈴鹿製作所に、まとめてデスクを置いている。Nシリーズの開発者や販売戦略家たちは担当車種を問わずにいつでも顔を合わせられて、かつ生産現場とも密に連絡が取れる組織になっているわけだ。

新型N-WGNの現開発責任者は、『webCG』でもインタビューを受けていた古舘 茂氏だが、実際の開発作業最盛期に指揮を執っていたのは前任の白土清成氏(現ホンダアクセス社長)である。ただ、古舘氏も当時はN-VANの開発をしながら、白土氏のN-WGNチームの動向は把握していたし、鈴鹿では「今後のNはこうなるべし」的な話し合いが、車種担当の分け隔てなく頻繁におこなわれているという。だから、Nシリーズは途中で開発責任者が交代しても、開発方針がブレない。

もっといえば、前任の白土氏はNシリーズの仕掛け人だった浅木泰昭氏(現在はHRD Sakuraセンター長としてF1活動を率いる)の右腕として働いていた。このように、技術も人材も“シリーズ”として連綿と受け継いでいるのが、今のNの強みといえる。

ただ、ホンダ本来のモノづくりの伝統は、良くも悪くも、シリーズ開発とは真逆である。個々の技術者は負けず嫌いが多く、パワートレインやプラットフォームを表向きは流用しつつも、細部の性能や独自性にこだわり、スキを見ては専用開発をしたがる。そういう態度はある部分での性能追求には欠かせないし、ファンにはたまらないホンダイズムではあるのだが、どうしてもコスト高になりやすい。

……と、乗っているだけで、そんなことにまで思いがいたってしまう新型N-WGNは、それだけ見事なまでにデキのいい感銘的なクルマである。走りや使い勝手だけでなく、高速道路や山坂道を遠慮なく踏みまくって15.6km/リッター(満タン法)という実燃費は素直に優秀だ。

今回の生産停止は不具合のあるクルマが出回ったわけでもなく、ホンダもある意味で被害者である。ファンなら期待しつつ生産再開を待つのが正しい姿だろう。新型N-WGNにあえて待つ甲斐があるのは間違いない。

(文=佐野弘宗/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

約435kmを走行した今回のテストでは満タン法で15.6km/リッターの燃費を記録。山道なども相応に走ったことを考えると優秀な実燃費といえるだろう。
約435kmを走行した今回のテストでは満タン法で15.6km/リッターの燃費を記録。山道なども相応に走ったことを考えると優秀な実燃費といえるだろう。拡大
新型「N-WGN」にはボディーの各所に小さな「N」ロゴが隠されている。こちらはフューエルリッドの裏のもの。どれも発見する難易度が高いので、以下で紹介する。
新型「N-WGN」にはボディーの各所に小さな「N」ロゴが隠されている。こちらはフューエルリッドの裏のもの。どれも発見する難易度が高いので、以下で紹介する。拡大
こちらは荷室の床下にあるパンク修理キットや車載工具がおさめられた発泡スチロールのもの。
こちらは荷室の床下にあるパンク修理キットや車載工具がおさめられた発泡スチロールのもの。拡大
こちらはリアウィンドウのもの。デフォッガーの熱線が「N」型に折り曲げられている。
こちらはリアウィンドウのもの。デフォッガーの熱線が「N」型に折り曲げられている。拡大
もっとも発見が難しいと思われるのがこちら。ウインドシールド上部のドット柄の中に「N」が隠れている。車検標章シールにある「4」の数字の真上。
もっとも発見が難しいと思われるのがこちら。ウインドシールド上部のドット柄の中に「N」が隠れている。車検標章シールにある「4」の数字の真上。拡大

テスト車のデータ

ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1705mm
ホイールベース:2520mm
車重:870kg
駆動方式:FF
エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:CVT
最高出力:64PS(47kW)/6000rpm
最大トルク:104N・m(10.6kgf・m)/2600rpm
タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ブリヂストン・エコピアEP150)
燃費:25.2km/リッター(JC08モード)/21.2km/リッター(WLTCモード)
価格:169万4000円/テスト車=194万4800円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション Gathersナビゲーションシステム+ドライブレコーダー(22万6600円)/ナビ取り付けアタッチメント(6600円)/フロアカーペットマット(1万7600円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:2086km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:435.2km
使用燃料:27.9リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:15.6km/リッター(満タン法)/15.5km/リッター(車載燃費計計測値)

ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING
ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING拡大
 
ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ N-WGNカスタム の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。