第96回:台湾取材/「ラクスジェンU6ターボ エコハイパー」発表会(後編)

2015.04.17 水野和敏的視点

馬力と燃費は両立できる

水野氏自ら開発を率いた最初のモデル、ラクスジェンU6ターボ エコハイパー(以下U6)は、2013年11月に発表された「ラクスジェンU6ターボ」のマイナーチェンジモデルである。しかし、改良の内容はマイナーチェンジの範囲を超えており、エンジンのロングストローク化による燃費の大幅な改善とパワーとトルクの増強、サスペンションセッティングの完全な見直しと、フルモデルチェンジに匹敵する内容となっている。

水野氏はスピーチの前半で、台湾で仕事をしたいと考えた理由や、ラクスジェン車の開発の舞台として日本のオートポリスを選んだ理由について語った。今回紹介する後半では、マイナーチェンジにおける変更点について詳しく述べている。以下、後半部をお届けする。

「では、僕がこの半年間で(U6に対して)どういうことをやってきたのかを説明させてください。まず、ジャーナリストと呼ばれている皆さんにうかがいたいことがあります。馬力と燃費、あるいは乗り心地とハンドリング、これらは両立しないものなのか、それともするものなのでしょうか。しないと思う方はいらっしゃいますか(ここで水野氏が観衆に挙手を求める)。

自動車雑誌を読めば、どれにも『しない』と書かれていることでしょう。『パワーをとれば燃費が悪化する』『燃費を改善したのでパワーが落ちた』、あるいは『乗り心地が良くなったのでハンドリングが犠牲になった』『ハンドリングを良くしたら乗り心地が硬くなった』。こういう話はよく聞きます。

僕は、はっきりと言います。出来損ないのクルマを作るからそういうことになるのです。燃費とパワー、乗り心地とハンドリング、そういったもののエッセンスは、実はみな一緒なんです。

いいですか皆さん、ガソリンエンジンなんてものは簡単で、そのエネルギー効率などまだ30%程度でしかないのです。30%でしかないから、燃費を良くしたらパワーも上がるのです。今回、このクルマ(U6)のエンジンでいうと、ボアとストロークの比率を見直しました。ボアは81.6mmでストロークは86mmです。つまり、ロングストロークに直しました。空気とガソリンの混合比である空燃比も、実は15.0よりもっと薄いところを使っています。

熱弁をふるう水野氏。壇上に「U6ターボ エコハイパー」も登場。
熱弁をふるう水野氏。壇上に「U6ターボ エコハイパー」も登場。 拡大
観衆に「馬力と燃費は両立しないと思う方は?」と問いかけ、挙手を求める。
観衆に「馬力と燃費は両立しないと思う方は?」と問いかけ、挙手を求める。
    拡大
ホワイトボードを使いながら、「ガソリンエンジンのエネルギー効率などまだ30%程度でしかない」と訴える。
ホワイトボードを使いながら、「ガソリンエンジンのエネルギー効率などまだ30%程度でしかない」と訴える。
    拡大
今回はマイナーチェンジだが、それを超えた「全面進化」であるとうたわれる。
今回はマイナーチェンジだが、それを超えた「全面進化」であるとうたわれる。
    拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事