第112回:メルセデスAMG GT S(前編)

2015.08.07 水野和敏的視点

コンパクトに生まれ変わる

クルマというのは乗ってみないとわからない――。当たり前のことですが、今回、メルセデスAMG GT(以下、AMG GT)をテストして、あらためてそう思いました。

まずは車両の概要をざっと説明すると、AMG GTは「SLS AMG」(以下、SLS)に続くAMG自社開発のスポーツカー第2弾として2014年秋に登場しました。骨格としてアルミの“スペースフレーム”を備え、トランスミッションをリアアクスルに配置するトランスアクスルレイアウトが採用されているところはSLSと同じですが、全長はSLSより90mm短い4550mm、ホイールベースも50mm短い2630mmと、ボディーがひとまわりコンパクトにまとめられています。また、SLSの外観上の特徴となっていたガルウイングドアは廃止され、AMG GTでは通常のスイング式が採用されています。

エンジンは、SLSが6.2リッターV8自然吸気(571ps、66.3kgm)だったのに対し、AMG GTでは4リッターV8ツインターボに“ダウンサイジング”されています。そのチューンは2種類あり、高性能仕様の「GT S」では510psと66.3kgm、標準仕様の「GT」では462psと61.2kgmを発生します。今回は高性能版のGT Sをテストしました。

価格はGT Sが1840万円で、GTが1580万円。テスト車のGT Sには、フルレザーの内装や高級オーディオ、スポーティーな専用シートなど、より豪華かつスポーティーに彩るセットオプション「AMGダイナミックパッケージプラス」などが装着されており、オプション込みの総額で2095万円となっています。

さて、AMG GTの実車を目の前にした第一印象はというと……。正直に言いましょう、SLSの登場から経過した時間なりの進化をAMG GTに期待していた私としては、それほどいい印象を持ちませんでした。このクルマのオーナーの方やメルセデスファンの方には申し訳ないけれど、外観を見るかぎり、私が期待した進化というより、むしろある種の“アンチヒーロー”を狙っているのか? とさえ思ってしまいました。

ヘッドランプまわりに配されたLEDランプにしても、まるで派手さだけを訴求したように感じられ、メルセデス特有の磨かれた質感や存在感を期待している私には「これはちょっと……」と思えてしまいました。ただし、フロントフェイスは「メルセデスの造り」というものをきちんと踏襲していますね。メルセデス流セオリーにしたがって、オーソドックスにスポーツモデルのフラッグシップ感をきちんと造りだしているな、という印象は受けました。

関連記事
  • フォルクスワーゲンID.4プロ ローンチエディション(RWD)【試乗記】 2022.11.22 試乗記 フォルクスワーゲンの電気自動車「ID.4」が、いよいよ日本の道を走り始めた。これまでの「ゴルフ」のポジションを担うスタンダードモデルの導入だけに、いわば“黒船襲来”級の事件なわけだが、果たしてその仕上がりはどんなものか。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)【試乗記】 2022.11.14 試乗記 話題は後発の新型「フェアレディZ」に持っていかれ気味だが、同じ2シータースポーツということなら「トヨタ・スープラ」もまだまだ元気だ。シャシーのチューニングでハンドリング性能と乗り心地の改善を図ったという、最新モデルの仕上がりを試す。
  • メルセデス・ベンツEQS450+(RWD)【試乗記】 2022.11.7 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップ電気自動車(EV)「EQS」が上陸。新開発のEV専用プラットフォームや斬新な内外装デザイン、一充電あたり700kmを誇る走行距離など、自動車大変革時代の嚆矢(こうし)たる存在の仕上がりやいかに。
  • 日産フェアレディZバージョンST(FR/6MT)【試乗記】 2022.11.30 試乗記 日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」の、6段MT仕様に試乗。7代目となる新型は「ダンスパートナー」というコンセプトを本当に体現したクルマに仕上がっているのか? 400PSオーバーのハイパワーマシンをスティックシフトで駆る喜びとともに報告する。
  • プジョー308SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2022.11.26 試乗記 方々で好評な新型「プジョー308」ではあるものの、バカンスの国のニューモデルなら、やはりステーションワゴンに乗らなければ始まらない。プラグインハイブリッドパワートレインを積んだ最上級モデル「308SW GTハイブリッド」を試す。
ホームへ戻る