ホンダ・ヴェゼル、仕様変更でより快適に

2015.04.23 自動車ニュース
「ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ」(写真のボディーカラーは「ゴールドブラウン・メタリック」)
「ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ」(写真のボディーカラーは「ゴールドブラウン・メタリック」)
    拡大

「ホンダ・ヴェゼル」、仕様変更でより快適に

本田技研工業は2015年4月23日、SUV「ヴェゼル」の仕様・装備を一部変更、同年4月24日に発売すると発表した。


 

「ヴェゼル ハイブリッドZ」のインテリア。(写真のインテリアカラーは「ジャズブラウン」)
「ヴェゼル ハイブリッドZ」のインテリア。(写真のインテリアカラーは「ジャズブラウン」)
    拡大

ホンダ・ヴェゼル、仕様変更でより快適にの画像 拡大
「ヴェゼル ハイブリッドZ」
「ヴェゼル ハイブリッドZ」
    拡大

今回、以下の装備を採用することで、快適性の向上が図られた。

・IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
・IRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラス
・プラズマクラスター技術搭載のフルオートエアコンディショナー
・ナビ装着用スペシャルパッケージ(メーカーオプション)のHDMI入力端子とUSBジャック(1カ所)

あわせて、乗り心地と操縦安定性を両立させる「振幅感応型ダンパー」を、フロントに加えてリアにも装着した(FF車のみ)。

「ハイブリッドZ」と「ハイブリッドX・Lパッケージ」には、これまで以上に縫製や革質にこだわったという本革巻きステアリングホイールを採用。4WD車のラインナップは拡大され、従来FF車のみだった最量販グレード「X」でも選べるようになった。

ボディーカラーは、ハイブリッド車専用の新色「ゴールドブラウン・メタリック」を含む全9色。ハイブリッドX・Lパッケージには「ジャズブラウン」のインテリアカラーが新たに設定された。

価格は、「G」(FF/CVT)の193万1000円から、ハイブリッドX・Lパッケージ(4WD/7AT)の274万6000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ヴェゼル, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.2 試乗記 ホンダの純正アクセサリーメーカー、ホンダアクセスが手がけるコンプリートカー「Modulo X(モデューロX)」シリーズに、第6弾モデル「ヴェゼル モデューロX」が登場。シリーズ初となるSUVは、いささか得手不得手のはっきりしたクルマとなっていた。
  • ホンダ・ヴェゼル モデューロX【試乗記】 2019.12.23 試乗記 「どんな道でも、誰もが楽しく運転できるコンプリートカー」を目指して開発される「モデューロX」シリーズ。コンパクトSUV「ホンダ・ヴェゼル」をベースとする最新型は、その理想を実現するクルマに仕上がっているか?
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.4.10 試乗記 「ホンダ・ヴェゼル」にパワフルなターボエンジン搭載モデル「ツーリング」が追加された。自然吸気エンジンを搭載したスポーティーグレードが「RS」と名乗る中、どちらかといえば優雅な風情を持つグレード名を採用したことには、どのような事情があるのだろうか。
  • ホンダ・ヴェゼル ツーリング・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.15 試乗記 ホンダのベストセラーSUV「ヴェゼル」に高性能グレード「ツーリング」が追加された。コンパクトなボディーを最高出力172psの1.5リッターVTECターボエンジンで操るうちに見えてきた、同車にとって最大のライバルとは!?
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る