ホンダ・ヴェゼル、仕様変更でより快適に

2015.04.23 自動車ニュース
「ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ」(写真のボディーカラーは「ゴールドブラウン・メタリック」)
「ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX・Lパッケージ」(写真のボディーカラーは「ゴールドブラウン・メタリック」)
    拡大

「ホンダ・ヴェゼル」、仕様変更でより快適に

本田技研工業は2015年4月23日、SUV「ヴェゼル」の仕様・装備を一部変更、同年4月24日に発売すると発表した。


 

「ヴェゼル ハイブリッドZ」のインテリア。(写真のインテリアカラーは「ジャズブラウン」)
「ヴェゼル ハイブリッドZ」のインテリア。(写真のインテリアカラーは「ジャズブラウン」)
    拡大

ホンダ・ヴェゼル、仕様変更でより快適にの画像 拡大
「ヴェゼル ハイブリッドZ」
「ヴェゼル ハイブリッドZ」
    拡大

今回、以下の装備を採用することで、快適性の向上が図られた。

・IRカット(遮熱)/UVカット機能付きフロントウィンドウガラス
・IRカット(遮熱)/スーパーUVカットフロントドアガラス
・プラズマクラスター技術搭載のフルオートエアコンディショナー
・ナビ装着用スペシャルパッケージ(メーカーオプション)のHDMI入力端子とUSBジャック(1カ所)

あわせて、乗り心地と操縦安定性を両立させる「振幅感応型ダンパー」を、フロントに加えてリアにも装着した(FF車のみ)。

「ハイブリッドZ」と「ハイブリッドX・Lパッケージ」には、これまで以上に縫製や革質にこだわったという本革巻きステアリングホイールを採用。4WD車のラインナップは拡大され、従来FF車のみだった最量販グレード「X」でも選べるようになった。

ボディーカラーは、ハイブリッド車専用の新色「ゴールドブラウン・メタリック」を含む全9色。ハイブリッドX・Lパッケージには「ジャズブラウン」のインテリアカラーが新たに設定された。

価格は、「G」(FF/CVT)の193万1000円から、ハイブリッドX・Lパッケージ(4WD/7AT)の274万6000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ヴェゼル, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ ヴェゼル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ヴェゼル【開発者インタビュー】 2021.5.27 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が2代目に進化。2013年デビューの先代は8年間で45万台が販売されたベストセラーモデルだが、当時と違うのはその後にライバルとなる国産コンパクトSUVが続々とデビューし、競争が激化しているところだ。開発責任者を務めた岡部宏二郎さんに話を聞いた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.4.22 画像・写真 ホンダのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」がフルモデルチェンジ。2014年の発売から累計で45万台を売り上げたというベストセラーモデルは、一体どんな進化を遂げているのか。よりクーペらしさを増した外装と、飛躍的に上質感が増した内装を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • ホンダ・ヴェゼル 2021.2.18 画像・写真 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」が初のフルモデルチェンジ。クーペライクなスタイルをまとう新型が、2021年4月に発売される。それに先立ち世界初公開された、2代目ヴェゼルのディテールを写真で紹介する。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る