ツートンカラーの三菱eKスペースが登場

2015.04.24 自動車ニュース
「三菱eKスペース G e-Assist」
「三菱eKスペース G e-Assist」 拡大

ツートンカラーの「三菱eKスペース」が登場

三菱自動車は2015年4月23日、スーパーハイトワゴンタイプの軽乗用車「eKスペース」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「eKスペース カスタムT e-Assist」
「eKスペース カスタムT e-Assist」 拡大

今回の改良では、自然吸気エンジン搭載車に装備されるアイドリングストップ機構について、コーストストップ機能(減速時に、停車前でも車速が一定以下になるとエンジンを停止する機能)でエンジンが止まる速度を9km/hから13km/hへ変更。FF車の燃費性能を26.2km/リッターに向上させた(JC08モード)。

またターボエンジン搭載車には、新たにアイドリングストップ機構を採用。FF車は24.0km/リッター、4WD車は22.6km/リッターに燃費を改善している。

ボディーカラーについても変更を行っており、「カスタム」専用色として新たに「チタニウムグレーメタリック」を採用。オプションとして、ルーフとドアミラーをボディーと別の色で塗り分ける「2トーンスタイル」を新設定した。カラーバリエーションは、標準モデルは「サクラピンクメタリック/ホワイトパール」「ショコラブラウンパール/ホワイトパール」、カスタムは「レッドメタリック/ブラックマイカ」「ホワイトパール/ブラックマイカ」の、全4種類となっている。

一方インテリアでは、標準モデルの上級グレード「G」に、ブラック内装をオプション設定した。

価格は標準モデルが125万9280円~156万7080円、カスタムが156万4920円~187万8120円。

(webCG)
 

関連キーワード:
eKスペース, eKスペース カスタム, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKスペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱が軽乗用車「eK」シリーズを一部改良 安全装備などを充実させた特別仕様車も設定 2020.12.24 自動車ニュース 三菱が軽ハイトワゴン「eKワゴン/eKクロス」と軽トールワゴン「eKスペース/eKクロス スペース」に一部改良を実施。同時にeKクロスとeKクロス スペースには、マルチアラウンドモニターなどを装備した特別仕様車「Gプラスエディション」を設定した。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
ホームへ戻る