マツダ・フレアクロスオーバーの燃費が向上

2015.05.15 自動車ニュース
「マツダ・フレアクロスオーバー」
「マツダ・フレアクロスオーバー」
    拡大

マツダが「フレアクロスオーバー」を一部改良

マツダは2015年5月14日、軽乗用車「フレアクロスオーバー」を一部改良し、発売した。

フレアクロスオーバーは、「スズキ・ハスラー」のOEM供給モデル。今回の一部改良は、ハスラーの仕様・装備変更を受けてのものである。

一部改良の概要は以下の通り。

・自然吸気エンジンを積む「XG」および「XS」に、ISG(モーター機能付き発電機)を搭載した「S-エネチャージ」を採用することで、アイドリングストップからのエンジン再始動時の静粛性、快適性を向上。
・自然吸気エンジン「R06A型」の改良(圧縮比を高圧縮化、EGRシステムの採用、吸排気計の見直し)により、低中速域の動力性能と燃費性能を向上。
・従来の「パールホワイト」から「クリスタルホワイトパール」に、ボディーカラーを変更。

S-エネチャージ搭載車の価格は、「XG」(FF/CVT)の133万7040円から「XS」(4WD/CVT)の158万2200円まで。

(webCG)

関連キーワード:
フレアクロスオーバー, マツダ, 自動車ニュース

マツダ フレアクロスオーバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドX/ハスラー ハイブリッドXターボ【試乗記】 2020.2.6 試乗記 一代にして軽クロスオーバーというジャンルを築いた「スズキ・ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ユーティリティー、装備の充実度、快適性、走りの質感と、全方位的な進化を遂げた新型は、開発理念にブレのない、完成度の高いクルマに仕上がっていた。
  • スズキ・ハスラー【開発者インタビュー】 2020.2.7 試乗記 2014年に登場して、またたく間に人気モデルとなった軽クロスオーバー「ハスラー」が、2代目にフルモデルチェンジ。ライバルも登場する中で、先駆者のアドバンテージをどう生かすのか? チーフエンジニアとデザイナーに話を聞いた。
  • マツダが新型軽「フレアクロスオーバー」を発表 2013.12.27 自動車ニュース マツダがSUVタイプの新型軽乗用車「フレアクロスオーバー」を発表した。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
ホームへ戻る