シトロエンC5に60台限定の最終モデル登場

2015.05.19 自動車ニュース
「シトロエンC5ファイナルエディション」
「シトロエンC5ファイナルエディション」 拡大

「シトロエンC5」に60台限定の最終モデル登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2015年5月19日、「シトロエンC5」に特別仕様車「C5 Final Edition(ファイナルエディション)」を設定し、60台限定で発売した。

今回の特別仕様車は、日本向けのC5が生産終了となるのに伴って設定された限定モデルだ。現行ラインナップとしては、シトロエン独自の油圧サスペンションシステム「ハイドラクティブサスペンション」を搭載する最後のモデルとなる。

ベースとなるのは上級グレードの「エクスクルーシブ」で、18インチ大径ホイールを特別装備。カラーバリエーションは、外装色が「ブラン ナクレ」の場合、内装色は「ミストラル」、外装色が「マティ ボワール」の場合、内装色は「マチナル」となる。

価格は「C5ファイナルエディション」が480万円、「C5ツアラー ファイナルエディション」が502万5000円。それぞれ30台が限定販売される。

(webCG)
 

関連キーワード:
C5, C5ツアラー, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • ルノー・カングー リミテッド ディーゼルMT(FF/6MT)【試乗記】 2021.7.19 試乗記 長く愛されてきた2代目「ルノー・カングー」の最終ロットがいよいよ日本上陸。しかもその中身は、最後にして最初となるディーゼルエンジン搭載モデルである。そしてこの希少な初物では、カングーの美点がガソリンモデル以上に味わえるのだからたまらない。
  • プジョー508SW GTハイブリッド(FF/8AT)【試乗記】 2021.7.13 試乗記 スタイリッシュなプジョーのフラッグシップワゴン「508SW」にプラグインハイブリッドモデルが登場。興味津々でステアリングを握った清水草一が、既存モデルとの走りの違いや留意すべきポイントを報告する。
  • シトロエンC6(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2007.2.22 試乗記 ……682.0万円
    総合評価……★★★★★

    2006-2007年インポートカーオブザイヤーを受賞した「シトロエンC6」。独創のハイドロニューマティックやデザインの斬新さばかりが取り上げられるが、走ってみれば実は速いクルマなのだという。その理由は……。
ホームへ戻る