シボレー・キャプティバに特別仕様車

2015.05.21 自動車ニュース
「シボレー・キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」。ボディーカラーはディープエスプレッソブラウンメタリック。
「シボレー・キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」。ボディーカラーはディープエスプレッソブラウンメタリック。 拡大

「シボレー・キャプティバ」に特別仕様車

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年5月21日、7人乗り中型SUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION(アクティブライフエディション)」を発表した。30台の限定で、6月6日に発売する。

「キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」のスモーキーアイグレーメタリック仕様。
「キャプティバ ACTIVE LIFE EDITION」のスモーキーアイグレーメタリック仕様。 拡大
ジェットブラック/スパイスレッドのアーティフィシャルレザー・コンビネーションシート。
ジェットブラック/スパイスレッドのアーティフィシャルレザー・コンビネーションシート。 拡大
ナビゲーションシステムには、使用頻度の高い操作を手元でコントロールできる「スマートコマンダー」も付く。
ナビゲーションシステムには、使用頻度の高い操作を手元でコントロールできる「スマートコマンダー」も付く。 拡大

■内外装に特別色を採用

ベースはキャプティバの標準グレード。専用装備としてレッドのアクセントが入ったシートと2色のボディーカラー(ディープエスプレッソブラウンメタリックとスモーキーアイグレーメタリック)が採用され、さらに後席用モニターやリアビューカメラなどが付いたパイオニア製ナビゲーションシステムが装着される。

販売台数はディープエスプレッソブラウンメタリック仕様が4台、スモーキーアイグレーメタリック仕様が26台の合計30台。価格はベースモデルの10万円高に当たる379万円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプティバ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー キャプティバ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • フォード・エクスプローラー エディバウアー(5AT)【ブリーフテスト】 2004.1.30 試乗記 ……465.0万円
    総合評価……★★★

    ガスペダルとエンジンが電気的に結ばれた「ドライブ・バイ・ワイヤ」が採用された2004年型「エクスプローラー」。いかにもアメリカンなSUVは依然として魅力的だが、だがしかし、クルマは世につれヒトにつれ……。『webCG』コンテンツエディターのアオキが乗った。


  • フォード・エスケープXLT(4WD/4AT)【試乗記】 2006.9.23 試乗記 フォード・エスケープXLT(4WD/4AT)
    ……255.0万円

    フォードのグループ企業であるマツダが生産する「エスケープ」がモデルチェンジ。その内容はフェイスリフトを主体としたもので、基本コンポーネンツは従来型を踏襲する。多少洗練度は低いが、実はうまいつき合い方があるようだ。


ホームへ戻る