ホンダ・フリードに装備充実の特別仕様車

2015.05.28 自動車ニュース
「ホンダ・フリード ハイブリッド プレミアムエディション」
「ホンダ・フリード ハイブリッド プレミアムエディション」
    拡大

「ホンダ・フリード」に装備充実の特別仕様車

本田技研工業は2015年5月28日、コンパクトミニバン/ワゴンの「フリード/フリードスパイク」に、特別仕様車「プレミアムエディション」を設定し、同年5月29日に発売すると発表した。

プライムスムースとスエード調ファブリックのコンビシート。
プライムスムースとスエード調ファブリックのコンビシート。 拡大
本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール 拡大
「フリードスパイクG プレミアムエディション」
「フリードスパイクG プレミアムエディション」
    拡大
クルーズコントロール
クルーズコントロール
    拡大
リア右側パワースライドドア
リア右側パワースライドドア 拡大

今回の特別仕様車は、フリードおよびフリードスパイクの「ハイブリッド ジャストセレクション」「Gジャストセレクション」をベースに、合成皮革のプライムスムースとスエード調ファブリックのコンビシートや、室内LED照明などを採用したものである。

具体的な装備の内容は、以下の通り。

<ハイブリッド プレミアムエディション>
・プライムスムース&スエード調ファブリックコンビシート
・室内LED照明(フロントマップ/ルーム/ラゲッジルームランプ)
・本革巻きステアリングホイール
・本革巻きセレクトレバー
・照明付きドリンクホルダー(運転席/助手席)

<G プレミアムエディション>
・プライムスムース&スエード調ファブリックコンビシート
・室内LED照明(フロントマップ/ルーム/ラゲッジルームランプ)
・リア右側パワースライドドア
・クルーズコントロール

価格は以下の通り。

<フリード>
・G プレミアムエディション(6人乗り/FF):198万円
・G プレミアムエディション(6人乗り/4WD):218万5000円
・G プレミアムエディション(7人乗り/FF):201万2400円
・G プレミアムエディション(7人乗り/4WD):221万7400円
・ハイブリッド プレミアムエディション(6人乗り/FF):234万円
・ハイブリッド プレミアムエディション(7人乗り/FF):237万2400円

<フリードスパイク>
・G プレミアムエディション(5人乗り/FF):198万円
・G プレミアムエディション(5人乗り/4WD):218万5000円
・ハイブリッド プレミアムエディション(5人乗り/FF):236万円

(webCG)

関連キーワード:
フリード, フリードスパイク, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る