ボルボ、S60/V60ポールスターを限定販売

2015.06.02 自動車ニュース
「ボルボS60ポールスター」(手前)と「V60ポールスター」(奥)。
「ボルボS60ポールスター」(手前)と「V60ポールスター」(奥)。
    拡大

ボルボ「S60/V60ポールスター」を限定販売

ボルボ・カー・ジャパンは2015年6月1日、ボルボがポールスター社と共同開発したコンプリートカー「S60ポールスター」と「V60ポールスター」の予約受注を、50台の台数限定で開始した。

S60/V60ポールスターは、3リッター直6ターボエンジンを搭載したS60/V60の上級グレード「T6 AWD R-DESIGN」をベースに、ボルボのモータースポーツ活動を支えるポールスター社がチューニングを施した高性能モデルである。2014年に、日本を含む世界8カ国で発売され、現在では13カ国で販売されている。

エンジンはベース車の3リッター直6ターボをベースに独自の改良を施したもので、専用のボルグワーナ製ツインスクロールターボチャージャーやインタークーラーを搭載することで、350ps/5250rpmの最高出力と51.0kgm/3000-4750rpmの最大トルクを発生。排気系には2.5インチステンレス製エキゾーストシステムと、電子制御エキゾーストフラップ付きの3.5インチツインテールパイプを採用している。また4WDシステムについては、後輪により多くの駆動力を配分するよう制御を変更。スロットルレスポンスやシフトプログラムも最適化を図っている。

足まわりも強化しており、サスペンションにはオーリンズと共同開発したショックアブソーバーを採用。ベース車よりスプリングレートを80%高めたほか、カーボンファイバー製の強化フロントストラットタワーバーなどを装備している。また、タイヤには245/35R20サイズの「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」を採用。フロントブレーキには、ブレンボ製6ピストンキャリパーと、371mmのベンチレーテッドディスクを組み合わせている。

価格はS60ポールスターが829万円、V60ポールスターが849万円。販売台数は、前者が10台、後者が40台となる。

(webCG)
 

関連キーワード:
S60, V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ S60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
  • ボルボS60 T4モメンタム(FF/8AT)【試乗記】 2020.4.10 試乗記 現行ボルボで唯一のセダンとなった「S60」に試乗。伝統のステーションワゴンやSUVが話題を集めている同ブランドにあって、セダンにはどんな魅力があるのか。最高出力190PSのエントリーモデル「T4」のステアリングを握り、箱根の山岳路で確かめてみた。
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.12.3 試乗記 高い動力性能を備えながら、それを過度に主張しない上品かつ控えめなキャラクターによって独特の存在感を放つ「ボルボS60」。プラグインハイブリッドシステムを搭載した「T6 Twin Engine」に試乗し、ライバルとは一線を画すプレミアムセダンの魅力に触れた。
  • ボルボS60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2019.11.7 試乗記 ボルボのDセグメントセダン「S60」が3代目にフルモデルチェンジ。端正で伸びやかなスタイリングが目を引く新型は、このセグメントをけん引するドイツ勢のモデルにも比肩する、実力派のプレミアムセダンとなっていた。
ホームへ戻る