ルノーがルーテシアの内外装の仕様を変更

2015.06.12 自動車ニュース
「ルノー・ルーテシア ゼン」(1.2リッターモデル)
「ルノー・ルーテシア ゼン」(1.2リッターモデル)
    拡大

ルノーが「ルーテシア」の内外装の仕様を変更

ルノー・ジャポンは2015年6月11日、「ルーテシア ゼン」(1.2リッター)の仕様を変更し、同日発売した。また「ルーテシア インテンス」に新色を設定し、同年7月9日に発売すると発表した。

「ゼン」(1.2リッターモデル)のインテリア。
「ゼン」(1.2リッターモデル)のインテリア。
    拡大
「ルーテシア インテンス」に設定された新色の「イヴォワール」。
「ルーテシア インテンス」に設定された新色の「イヴォワール」。
    拡大

今回仕様が変更されたのは、エントリーグレードであるゼンの1.2リッター・6ATモデル。外装に、新たにブリリアントブラックのパーツやクロムメッキフィニッシャー、16インチのブラックアロイホイールが採用されたほか、内装にサテンクロムのパーツが用いられ、上質感が高められた。

一方、上級グレードのインテンスには新しいボディーカラー「イヴォワール」(アイボリー)が設定された。

価格は、ゼンの1.2リッター・6ATモデルが221万1000円。インテンスが244万8000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ルーテシア, ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る