メルセデスAMG A45に個性が際立つ特別限定車

2015.06.23 自動車ニュース
「メルセデスAMG A45 4MATIC イエロー カラー ライン」
「メルセデスAMG A45 4MATIC イエロー カラー ライン」
    拡大

個性が際立つ「メルセデスAMG A45」の特別限定車が登場

メルセデス・ベンツ日本は2015年6月23日、「メルセデス・ベンツAクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG A45 4MATIC Yellow Color Line(イエローカラーライン)」を発表。同日、36台限定で注文受付を開始した。発売時期は同年7月下旬になる見込み。

今回のメルセデスAMG A45 4MATIC イエローカラーラインは、2015年5月8日に「メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC」から改称された高性能モデル「メルセデスAMG A45 4MATIC」をベースとする特別限定車。

ボディーカラーはコスモスブラック、カルサイトホワイト、ポーラーシルバーの3色が用意されており、ボンネット、ルーフ、サイド、リアにはイエローのデカールが、フロントグリル内側、ドアミラー、リアスポイラーにはイエローのアクセントカラーが添えられる。
さらに、専用のエアロパーツ(フリック、リアスポイラー)や、マットブラックペイント19インチAMGマルチスポークアルミホイール、ハイグロスブラック仕上げのパーツ(フロントスポイラーリップ、サイドスカート、リアディフューザー、デュアルツインクロームエグゾーストエンド)も備わる。

インテリアについても、AMGパフォーマンスシートと、グリップ部にDINAMICA素材を採用したAMGパフォーマンスステアリング、AMG アファルターバッハエンブレムのエンボス加工を施したAMG E-SELECTレバーを装備。 さらに、AMGエンブレム付きエレクトリックキー、チャイルドセーフティーシートセンサー(助手席)のほか、通常はオプション装備の一部となるAMGドライバーズパッケージも与えられる。

価格は、ベースモデルより114万円高の799万円。ボディーカラー別に、以下の限定台数で販売される。
・コスモスブラック:25台
・カルサイトホワイト:9台
・ポーラーシルバー:2台

(webCG)

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編) 2020.7.2 谷口信輝の新車試乗 最高出力421PSの高性能ハッチバック「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。“特殊コマンド”「ドリフトモード」での変化を含め、走りの印象をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る