ホンダN-ONEにスポーティーなローダウン仕様

2015.07.17 自動車ニュース
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN」
「ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN」
    拡大

「ホンダN-ONE」にスポーティーなローダウン仕様が登場

本田技研工業は2015年7月17日、軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

「N-ONE Premium Tourer」のインテリア。
「N-ONE Premium Tourer」のインテリア。
    拡大
今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新色3色が追加された。(写真をクリックすると、新色の「プレミアムピンク・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が見られます)
今回のマイナーチェンジでは、ボディーカラーに新色3色が追加された。(写真をクリックすると、新色の「プレミアムピンク・パール」「ブリティッシュグリーン・パール」「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が見られます)
    拡大
「N-ONEモデューロX」
「N-ONEモデューロX」
    拡大
「N-ONEモデューロX」のバッジ。
「N-ONEモデューロX」のバッジ。 拡大

■多くの立体駐車場への入庫が可能に

今回のマイナーチェンジでは、スポーティーな低全高タイプの新グレード「G・LOWDOWN(ローダウン)」と「Premium Tourer・LOWDOWN」を追加設定。新デザインのルーフやスポイラー、ローダウンサスペンションの採用によって全高を65mm下げ、多くの立体駐車場に入庫可能な1545mmとしている。

内外装の変更も行っており、全車のフロントグリルやフロントバンパーにメッキモールを追加。「N-ONE Premium」の3グレードには、ドアサッシュモールやプライムスムース(合成皮革)とジャージのコンビシートを採用した。また、外装色に「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」「ブリティッシュグリーン・パール」「プレミアムピンク・パール」の新色3色を追加。カラーバリエーションは「2トーンカラースタイル」を含む全28種類となった。

■N-ONEにモデューロのコンプリートカーが登場

また、「N-BOX(エヌボックス)」から導入を進めているコンプリートカー「Modulo(モデューロ)X」を、N-ONEにも設定した。

具体的には、FFのターボエンジン搭載車をベースに、エアロバンパーやフロントグリル、サイドシルガーニッシュ、専用デザインのマフラーなどでエクステリアをドレスアップ。また高剛性のバンパービームや同車専用のサスペンション、ブレーキパッド、アルミホイールなどを採用し、CVTのSレンジや電動パワーステアリングに専用セッティングを施すことで、「上質で軽快な走り」を実現しているという。

価格は、N-ONEが118万5000円~163万4400円、N-ONE Premiumが149万円~169万8000円、モデューロXが189万8000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-ONE, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-ONE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
ホームへ戻る