新エンジンを搭載したフォード・クーガ登場

2015.08.06 自動車ニュース
「フォード・クーガ タイタニアム」
「フォード・クーガ タイタニアム」
    拡大

新エンジンを搭載した「フォード・クーガ」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年8月6日、SUV「クーガ」に一部改良を実施し、同年9月5日に発売すると発表した。

「タイタニアム」に搭載される2リッター直4直噴ターボエンジンの「2.0L EcoBoost」。
「タイタニアム」に搭載される2リッター直4直噴ターボエンジンの「2.0L EcoBoost」。
    拡大
「トレンド」に搭載される1.5リッター直4直噴ターボエンジンの「1.5L EcoBoost」。
「トレンド」に搭載される1.5リッター直4直噴ターボエンジンの「1.5L EcoBoost」。
    拡大
新色の「ホワイトプラチナム」(右上)と「ルビーレッド」(左下)。
新色の「ホワイトプラチナム」(右上)と「ルビーレッド」(左下)。
    拡大

今回の改良では、これまで1.6リッター直4直噴ターボ(182ps/5700rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)のみだったエンジンのラインナップを一新。上級グレードの「Titanium(タイタニアム)」には、より高出力な2リッター直4直噴ターボを、エントリーグレードの「Trend(トレンド)」には、排気量をダウンサイジングした1.5リッター直4直噴ターボを採用した。

これにより、タイタニアムでは最高出力が従来モデルより60ps高い242ps/5500rpmに、最大トルクが10.7kgm高い35.2kgmに向上。燃費も10.0km/リッター(JC08モード)と、約5%の改善を果たしている。

一方トレンドでは、従来モデルと同等の182ps/6000rpmと24.5kgm/1600-5000rpmを維持しながら、燃費を大幅に改善。アイドリングストップ機構の採用ともあいまって、従来モデルより約34%優れた12.7km/リッター(JC08モード)を実現した。

またボディーカラーについては、タイタニアム専用色の「ホワイトプラチナム」とトレンド専用の「ルビーレッド」を新たに採用した。

価格はタイタニアムが419万円、トレンドが359万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
クーガ, フォード, 自動車ニュース

フォード クーガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • 「スバルXV」の大幅改良モデル登場 フロントマスクが新デザインに 2020.9.4 自動車ニュース スバルは2020年9月4日、クロスオーバーSUV「XV」の大幅改良モデルを発表した。同年10月8日に発売する。今回は内外装のブラッシュアップに加えて、足まわりのセッティングやパワートレインの制御を変更している。
ホームへ戻る