フォルクスワーゲンcross up!、販売開始

2015.08.18 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンcross up!」
「フォルクスワーゲンcross up!」
    拡大

「フォルクスワーゲンcross up!」販売開始

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年8月18日、コンパクトカー「cross up!(クロスアップ!)」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

フロントまわり。シルバーのバンパーが目を引く。
フロントまわり。シルバーのバンパーが目を引く。
    拡大
リアビュー。標準の「up!」には設定のない、16インチのアルミホイールが備わる。
リアビュー。標準の「up!」には設定のない、16インチのアルミホイールが備わる。
    拡大
レッドのダッシュパッドが目を引くインテリア。ダッシュパッドの色は、ほかにブラックパールとダークシルバーが用意され、特定のボディーカラーに組み合わされる。
レッドのダッシュパッドが目を引くインテリア。ダッシュパッドの色は、ほかにブラックパールとダークシルバーが用意され、特定のボディーカラーに組み合わされる。
    拡大
トルネードレッドのボディーカラーをまとうモデルには、レッド×グレーのシート(写真)が与えられる。それ以外のシートカラーは、アンスラサイト×グレーとなる。
トルネードレッドのボディーカラーをまとうモデルには、レッド×グレーのシート(写真)が与えられる。それ以外のシートカラーは、アンスラサイト×グレーとなる。
    拡大

フォルクスワーゲンcross up!は、「up!」の5ドア仕様をベースに、クロスオーバー車風に仕立てられたモデル。同様のコンセプトを持つフォルクスワーゲンの“クロスモデル”としては、「クロスポロ」「クロスゴルフ」「クロストゥーラン」に続く第4弾となる。
世界初公開されたのは2013年3月のジュネーブショーで、同年秋の東京モーターショーにも参考出品されている。

エクステリアは、16インチの専用アルミホイール、シルバーの前後バンパー、ホイールハウスエクステンション、ネームプレート付きのブラックサイドモールディング、シルバードアミラー、シルバールーフレールでup!とは異なる個性が演出される。
インテリアについては、「high up!」と同じ革巻きのステアリングホイールおよびサイドブレーキカバーが与えられるほか、cross up!専用の、内外装のカラーコンビネーションが特徴となっている。

ボディーサイズ(カッコ内はup!との差)は、全長×全幅×全高=3570(+25)×1650(±0)×1520(+25)mmで、ホイールベースは2420(±0)mm。最低地上高は、up!比で+10mmとなる。

機関については標準のup!と共通で、1リッター直3エンジン(最高出力:75ps、最大トルク:9.7kgm)に「ASG」と呼ばれる5段ATが組み合わされる。駆動方式はFFで、JC08モードの燃費値は25.2km/リッター。
「シティーエマージェンシーブレーキ」「ブレーキアシスト」「エマージェンシーストップシグナル」「ヒルホルダー機能」などの運転支援システムも標準で備わる。

cross up!はモノグレードで、価格は194万円。
ボディーカラーは、全5色(トルネードレッド、キャンディホワイト、ブルーベリーメタリック、リフレックスシルバーメタリック、ディープブラックパールエフェクト)が用意される。

(webCG)

→cross up!のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
up!, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン up! の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • 「アウディA1スポーツバック」に1リッターターボモデルの「25 TFSI」が登場 2020.6.16 自動車ニュース 「アウディA1スポーツバック」に新モデル「25 TFSI」が登場。1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレードで、駆動方式はFFのみ。燃費はWLTCモードで15.2km/リッターとされている。価格は294万円から351万円。
  • ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー 2020.6.10 自動車ニュース ダイハツがクロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発売。個性的なデザインやガラスルーフ、機能的なラゲッジスペースが特徴の新モデルで、予防安全装備やコネクテッドシステムについてもダイハツ最新の機器が搭載されている。
ホームへ戻る