webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)

ホットハッチの正道を歩む 2018.02.16 試乗記 フォルクスワーゲン(以下、VW)のエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?

手のひらサイズのGTI

先ごろ日本市場でもマイナーチェンジが加えられたup!が発売されたが、そのモデルライフ後半を支えるに心強いバリエーションが登場した。それは伝統のスポーツハッチである「GTI」の称号を携えている。

と、ここで多くのクルマ好きが思い浮かべるのは初代「ゴルフGTI」にも相通じるであろうドライバーとの距離感だ。ちなみに初代ゴルフGTIの三寸は全長×全幅×全高=3725×1610×1410mmでホイールベースは2400mmとなっている。対するup! GTIの三寸は3600×1645×1478mmでホイールベースは2410mm。著しく違うのは今日的アップライトパッケージからなる車高くらいだろうか。残念ながら車重は260kgも違うが、そこは約40年相当ぶんのクルマ作りのもろもろの変化と捉えるほかない。あるいは、その車重を含めて鑑みれば、同様な手応えのものとして思い浮かぶのは「ルポGTI」だ。

いずれにせよup! GTIは、それらと並ぶ歴代最小クラスのGTIであることが欧州市場でも重要なファクターとなっているようで、VWの側も初代GTIからのレジェンダリーとひも付けることに重きを置いている。300psオーバーがホットハッチのホットたるゆえんとされる中、手のひらサイズの懐かしさが財布のひもを緩めさせるのは、何も日本だけの話ではないのだろう。

フロントのフェンダーパネルに施された「GTI」のバッジ。GTIとは初代「ゴルフ」よりラインナップに設定されてきた、フォルクスワーゲン伝統のスポーツグレードである。
フロントのフェンダーパネルに施された「GTI」のバッジ。GTIとは初代「ゴルフ」よりラインナップに設定されてきた、フォルクスワーゲン伝統のスポーツグレードである。拡大
“ピクセルレッド”(四角い赤のドット柄)のグラデーションが施された装飾パネルや、タータンチェックのシート地が目を引くインテリア。内装色は黒が基調で、ダッシュボードやドアパネルだけでなく、ルーフやピラーの内張りも同色で統一されている。
“ピクセルレッド”(四角い赤のドット柄)のグラデーションが施された装飾パネルや、タータンチェックのシート地が目を引くインテリア。内装色は黒が基調で、ダッシュボードやドアパネルだけでなく、ルーフやピラーの内張りも同色で統一されている。拡大
全長3600mm、全幅1645mmと、初代「ゴルフGTI」に近い“フットプリント”を持つ「up! GTI」ただし車重は1070kgと、ゴルフGTI(810kg)よりいささか重くなっている。
全長3600mm、全幅1645mmと、初代「ゴルフGTI」に近い“フットプリント”を持つ「up! GTI」ただし車重は1070kgと、ゴルフGTI(810kg)よりいささか重くなっている。拡大

ガソリン車にも“排ガス規制”の波が

up! GTIのエンジンは、基準車にも搭載される1リッターの3気筒直噴ユニットをベースにターボ化されたもので、今やそれは新型「ポロ」や「アウディQ2」といったMQBファミリーのボトムを支えるVWグループの主力ユニットといっても過言ではない。もちろん専用のチューニングを受けたそれは115psの最高出力、そして200Nmの最大トルクを小排気量にして2000rpmの低回転域から発生することが特徴となっている。

加えて注目すべきは、新型車については2017年9月から、その他のモデルも2019年9月から規制対象となるユーロ6d規格に適応した低エミッションを実現していることで、そのためにup! GTIは、VWブランドで初めてGPF、つまりガソリンエンジン用のパティキュレートフィルターを標準装着した量産車ということになるわけだ。

このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、基準車の5段シングルクラッチ式ATをチューンしての展開ではなく、専用設定の6段MTのみ。動力性能に関しては最高速が196km/h、0-100km/h加速が8.8秒と、やはり初代ゴルフGTIとルポGTIとの中間値付近ということになるだろうか。

夜間の間接イルミネーションも含め、端々に赤い差し色が彩るup! GTIの内装では、Dシェイプのステアリングやクラークと呼ばれる格子柄のファブリックをあしらったセミバケットタイプのハイバックシートなど、走りを支える要所にも独自のしつらえがおごられている。個人的には基準車に用いられる細リムの真円ステアリングの方が繊細な入力に対応しやすかったのではとも思うが、シートの出来は相変わらず素晴らしく、あらゆるVW車の中でも出色といえるだろう。

115psの最高出力を発生する1リッター直3直噴ターボエンジン。排出ガスから有害物質を取り除くため、排気系にはパティキュレートフィルターが装備されている。
115psの最高出力を発生する1リッター直3直噴ターボエンジン。排出ガスから有害物質を取り除くため、排気系にはパティキュレートフィルターが装備されている。拡大
標準車のトランスミッションが5段シングルクラッチATだったのに対し、「GTI」には6段MTが搭載される。
標準車のトランスミッションが5段シングルクラッチATだったのに対し、「GTI」には6段MTが搭載される。拡大
「up! GTI」に装備されるファブリックのハイバックシート。チェック柄のシート地は、初代「ゴルフGTI」から用いられてきた伝統のデザインである。
「up! GTI」に装備されるファブリックのハイバックシート。チェック柄のシート地は、初代「ゴルフGTI」から用いられてきた伝統のデザインである。拡大

高いシャシー性能と快適な乗り心地の両立

試乗車は左ハンドル仕様なので、参考までに……という話になるが、3ペダルの左右ピッチやハイト、操作感などはごくごく素直にまとめられており、日常使いで気を遣うこともなければヒール&トウを妨げるような癖もない。かかとの厚いバッシュのような履物でも、スッとなじめる人当たりの良さが印象的だ。大径タイヤに合わせてアシスト量を再調整した電動パワステの操舵フィールは停止からごく低速域では情感に乏しいが、速度が上がるにつれて過剰ではなく適切なインフォメーションをもたらしてくれる。総じて、インターフェイスの作り込みはしっかりしている。

そしてこのクルマの最大の驚きは、素晴らしいシャシー能力を備えながらも乗り心地面での損失が最小限に抑えられていることではないだろうか。十二分な剛性を備えるというボディーはそのままに、足まわりにはバネやダンパー、スタビ径のみならず前後サスアームの剛性強化も施されており、そこに17インチの大径タイヤを履いて……となると、このクラスのモデルならば小入力での足の動きはある程度割り切られてしまうのが普通だ。が、up! GTIは微小入力でもダンパーの減衰力が立ち上がり、ガツガツやビリビリといった雑味成分をしっかりと吸収している。速度域が上がれば不意の大入力でも余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)で受け止めるup!の美点はそのままに、横力の高い状況でもしっかり踏ん張りぬく四肢、特に後輪の粘りが異様な安定感をこのクルマにもたらしていることが伝わるだろう。

足まわりについては、前後ともにトレッドを8mm拡大。同車専用チューニングのスポーツサスペンションの採用により、車高は15mm低められている。
足まわりについては、前後ともにトレッドを8mm拡大。同車専用チューニングのスポーツサスペンションの採用により、車高は15mm低められている。拡大
赤いステッチがあしらわれた、フラットボトムのステアリングホイール。「GTI」には、クイックなギアレシオが特徴の専用電動パワーステアリングが採用されている。
赤いステッチがあしらわれた、フラットボトムのステアリングホイール。「GTI」には、クイックなギアレシオが特徴の専用電動パワーステアリングが採用されている。拡大
英国のサーキットにあやかった「ブランズハッチ」という名前が与えられた17インチアルミホイール。組み合わされるタイヤのサイズは195/40R17で、テスト車にはグッドイヤーの「エフィシェントグリップ パフォーマンス」が装着されていた。
英国のサーキットにあやかった「ブランズハッチ」という名前が与えられた17インチアルミホイール。組み合わされるタイヤのサイズは195/40R17で、テスト車にはグッドイヤーの「エフィシェントグリップ パフォーマンス」が装着されていた。拡大

低回転域の“ダルさ”に見る受難の兆し

車格からして破格の敏しょう性を備えるかと思いきや、むしろ小さいからこそまずはスタビリティーをきっちり立てた上で安定した旋回性能を実現する、このあたりの味付けは僕が以前乗っていたルポGTIにとてもよく似ているし、VWのGTI作りにおける基本姿勢ではないかと思う。

それすなわち、実用車としての日常性を犠牲にすることなくどこまでスポーツ性を両立できるかということ。ホットハッチの代名詞として、時に好戦的な“R.S.”や“タイプR”との対峙(たいじ)を求められては、「クラブスポーツ」などと銘打って代紋戦争を繰り広げることもあったが、それでもGTIの立ち位置はあくまで実用本位である。その点においてup! GTIは本筋にいたって忠実なホットハッチだ。

唯一残念だったのは、低圧縮の小排気量ターボにありがちな低回転域でのピックアップのだるさがシフトダウンの回転合わせを難しくしていることだろうか。中高回転域での吹け上がりやパワーの乗りに違和感はなくとも、この癖がエンジン全体の印象をネムいものにしてしまっている。あるいは、VWのエンジニアはその関連を言下に否定したが、小さな排気量に対するGPFの影響が話をややこしくしているとすれば、こういった身近なスポーツモデルもいよいよ受難の時が近づきつつあるのかもしれない。

(文=渡辺敏史/写真=フォルクスワーゲン/編集=堀田剛資)

3ドアと5ドアの2種類のボディーが用意される「up!」だが、「GTI」については3ドアのみの設定となる。
3ドアと5ドアの2種類のボディーが用意される「up!」だが、「GTI」については3ドアのみの設定となる。拡大
ホイールの隙間からのぞく赤いブレーキキャリパー。「GTI」には「up!」のラインナップで初めて15インチのディスクブレーキが装備された。
ホイールの隙間からのぞく赤いブレーキキャリパー。「GTI」には「up!」のラインナップで初めて15インチのディスクブレーキが装備された。拡大
動力性能については、0-100km/h加速が8.8秒、最高速が196km/hと発表されている。
動力性能については、0-100km/h加速が8.8秒、最高速が196km/hと発表されている。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲンup! GTI

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3600×1650×1495mm
ホイールベース:2420mm
車重:1070kg
駆動方式:FF
エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:6段MT
最高出力:115ps(85kW)/5000-5500rpm
最大トルク:200Nm(20.4kgm)/2000-3500rpm
タイヤ:(前)195/40R17 81V/(後)195/40R17 81V(グッドイヤー・エフィシエントグリップ パフォーマンス)
燃費:5.6-5.7リッター/100km(約17.5-17.9km/リッター、WLTCモード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--
※数値は欧州仕様のもの。

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(プレミアムガソリン)
参考燃費:--km/リッター

フォルクスワーゲンup! GTI
フォルクスワーゲンup! GTI拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com