レクサスがHS250hを改良、新色2色を追加

2015.08.27 自動車ニュース
「レクサスHS250h“バージョンL”」
「レクサスHS250h“バージョンL”」
    拡大

レクサスが「HS250h」を改良、新色2色を追加

トヨタ自動車は2015年8月27日、ハイブリッドセダン「レクサスHS250h」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新規設定色の「ディープブルーマイカ」
新規設定色の「ディープブルーマイカ」
    拡大
新規設定色の「アンバークリスタルシャイン」
新規設定色の「アンバークリスタルシャイン」 拡大

今回の改良では、外装に新意匠のドアミラーや白色LEDのライセンスランプを採用。ボディーカラーについては「ディープブルーマイカ」と「アンバークリスタルシャイン」の2色を追加し、全10色の設定とした。また、すべての色に洗車などによる小さなすり傷を自己修復するクリア塗装「セルフリストアリングコート」を採用している。

装備については、「はっ水機能付きスーパーUV400・IRカットガラス(遮音タイプ/フロントドア)」を全車に採用。約99%カットできる紫外線の波長の上限を、従来の380nmから400nmに変更することで、車内空間の快適性を高めた。インフォテインメントシステムの強化も図っており、全車にSDナビゲーションシステムを標準装備。通信サービスの「G-Link」には、新機能として音声対話サービス・先読み情報案内サービスの「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「LEXUS Apps(レクサスアップス)」を搭載している。

このほかにも、操舵(そうだ)時の車両応答性を高め、優れた操縦安定性を実現するために、サスペンションのチューニングやステアリングのギア比を変更した。

価格は以下の通り。
・HS250h:424万4000円
・HS250h“バージョンC”:451万2000円
・HS250h“バージョンI”:486万1000円
・HS250h“バージョンL”:570万5000円

(webCG)
 

関連キーワード:
HS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス HS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.3.17 試乗記 年次改良を積み重ね、トヨタグループのフラッグシップサルーンとして完成度を高め続けている「レクサスLS」。最新モデルでは「静粛性と乗り心地の大幅な向上を追求」したというが、果たしてその仕上がりはどんなものか。ハイブリッドの最上級グレードに試乗した。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)【試乗記】 2018.2.19 試乗記 レクサスのフラッグシップセダン「LS」に試乗。今回のテスト車は、助手席側後席を最上級VIP席とする“エグゼクティブ”仕様。ドイツの御三家とはひと味違う、日本流の“おもてなし”について考えた。
  • フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.9 試乗記 国内販売がスタートして以来、ディーゼル車だけがラインナップされていた「フォルクスワーゲンTロック」。遅れてやってきたガソリンエンジン搭載車の走りやいかに? 装備が充実した上級グレードでチェックした。
ホームへ戻る