MINIクロスオーバーに専用カラーの特別仕様車

2015.09.07 自動車ニュース
「MINIクーパーS クロスオーバー  ALL4 パークレーン」(写真は海外仕様車)
「MINIクーパーS クロスオーバー  ALL4 パークレーン」(写真は海外仕様車)
    拡大

「MINIクロスオーバー」に専用カラーの特別仕様車

BMWジャパンは2015年9月7日、「MINIクロスオーバー」に特別仕様車「Park Lane(パークレーン)」を設定し、同日、販売を開始した。

■“品のよさ”がセリングポイント

今回のパークレーンは、MINIクロスオーバーのディーゼル車(2リッター)とガソリン車(1.6リッター)をベースに、専用のドレスアップが施された特別仕様車。英国ロンドンのハイドパークに面した、ハイエンドなホテルや店舗が立ち並ぶ通りの名前(パークレーン)が、モデル名の由来である。

エクステリアはオークレッドのルーフおよびミラーキャップと、アールグレーのボディーカラーが織りなすツートンカラーが特徴。“ターボファンスポーク”と名付けられた18インチアロイホイールも与えられる。

インテリアもグレーが基調で、オークレッドのアクセントが添えられる。マルチファンクションステアリングやバイキセノンヘッドライトなども備わる。

これらを含む、パークレーンの主な装備は、以下の通り。

・専用ボディーカラー(アールグレーメタリック)
・専用オークレッドルーフ&ミラーキャップ
・18インチアロイホイール(ターボファンスポーク)
・専用オークレッドサイドスカットル(クロム仕上げ)
・専用インテリアサーフェス クロスストライプグレー
・PARK LANEネームバッジ(エクステリア/インテリア)
・専用ドアシル
・MINI ALL4エクステリア
・ランフラットタイヤ
・マルチファンクションステアリング
・スポーツボタン
・バイキセノンヘッドライト
・LEDフォグランプ
・ホワイトターンシグナルライト
・スポーツシート
・スポーツレザーステアリング(3本スポーク)
・レインセンサー(自動ドライビングライト付き)

ラインナップと価格は、以下の通り。

・MINIクーパーD クロスオーバー パークレーン:377万円
・MINIクーパーD クロスオーバー ALL4 パークレーン:395万円
・MINIクーパーSD クロスオーバー パークレーン:406万円
・MINIクーパーS クロスオーバー ALL4 パークレーン:414万円

(webCG)

→MINIクロスオーバー パークレーンのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
MINIクロスオーバー, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • 新デザインを採用した「MINIクロスオーバー」が日本上陸 2020.9.30 自動車ニュース BMWジャパンは2020年9月30日、「MINIクロスオーバー」改良モデルの国内導入を発表した。納車開始は同年10月以降となる予定。今回は主に内外装デザインのブラッシュアップを図っている。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る