プラグインハイブリッドのVWゴルフGTE発売

2015.09.08 自動車ニュース

フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」。


	フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」。
	拡大

プラグインハイブリッドの「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」発売

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年9月8日、「ゴルフ」をベースにしたプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」を発表し、同日発売した。価格は499万円。

1.4リッターTSIエンジンと電気モーターを組み合わせたドライブユニットを搭載する。
1.4リッターTSIエンジンと電気モーターを組み合わせたドライブユニットを搭載する。 拡大
走行用バッテリーの充電は「VWバッジ」の背後にあるソケットを介して行う。
走行用バッテリーの充電は「VWバッジ」の背後にあるソケットを介して行う。 拡大
シートは「GTI」との関連性を感じさせるチェック柄。ただしGTIのレッドに代わってブルーのアクセントが用いられる。
シートは「GTI」との関連性を感じさせるチェック柄。ただしGTIのレッドに代わってブルーのアクセントが用いられる。 拡大
「ゴルフGTE」のリアビュー。
「ゴルフGTE」のリアビュー。 拡大
フォルクスワーゲン グループ ジャパンのスヴェン・シュタイン代表取締役(左)と、正木嘉宏マーケティング本部長(右)。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンのスヴェン・シュタイン代表取締役(左)と、正木嘉宏マーケティング本部長(右)。 拡大

■ハイブリッド燃費は23.8km/リッター、約50kmのEV走行が可能

ゴルフGTEは、フォルクスワーゲンブランドにとって初のプラグインハイブリッド車。ハイブリッドシステムは150psの1.4リッターTSI(直噴ガソリンターボ)エンジンと109psの電気モーターを内蔵する6段DSG(デュアルクラッチトランスミッション)、およびエネルギー容量8.7kWhの走行用リチウムイオンバッテリーからなる。

走行に際しては、「Eモード」(モーターだけで走行)と「ハイブリッドモード」(エンジンとモーターを効率よく使い分けながら走行)、さらに「GTEモード」(エンジンとモーターの両方を使用して力強く走行)の合計3種のモードから選べるようになっている。電気自動車として走るEモードでの航続距離は最長で53.1kmにおよび、最高で130km/hでの走行が可能。ハイブリッドモードでの燃費(JC08モード)は23.8km/リッターと発表されている。

車名の「GTE」は、ガソリンエンジン搭載のスポーツモデル「ゴルフGTI」の系譜を受け継ぐ車であることを示しているという。スポーティーな走りが可能になるGTEモードでは、0-100km/h加速を7.6秒で走り切る実力を見せる。最高速は215km/hに達するとのことだ。

なお、外部電源による走行用バッテリーの充電は、フロントグリル中央の「VWバッジ」の背後に用意された充電ソケットを介して行うようになっており、200Vの家庭用電源では満充電までに約3時間を要する。

ボディーカラーは全5色。購入に際して、最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費(CEV補助金)が適用される。

都内で行われた発表会では、フォルクスワーゲン グループ ジャパンのスヴェン・シュタイン代表取締役が登壇。「ゴルフGTEは、単なるエコカーではなく、エコと走りを融合した車。ドイツでは2014年末から販売されているが、(市場からは)楽しく、魅力的で、高品質な電気自動車として認識していただいている」と語った。

また、今年の4月に開始された「ゴキゲン♪ワーゲン」キャンペーンについては、「(今後も)これまでどおり進めていく」と表明。「お客さまとのタッチポイントを全方位で見直す活動の成果は、すでに目に見える形で表れている」と述べた。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフGTE, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフGTE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【レビュー】 2015.12.4 試乗記 Cセグメントハッチバック車のベンチマーク的存在である「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、電動モーターと駆動用バッテリー、充電用ソケットを搭載した「GTE」が登場。エコと走りの両立をうたう、フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車の実力を試した。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る