第14回:ゴルフという水準器
ドイツが生んだ実用車のベンチマーク

2017.12.28 自動車ヒストリー 1974年の誕生以来、40年以上にわたり実用車のベンチマークであり続ける「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。デビュー当時の衝撃や、世界の自動車産業に与えた影響を振り返るとともに、今なお“自動車の水準器”とされている理由を探った。

“ビートル”を継ぐことの難しさ

成功したプロジェクトの後を継ぐのは、どんな場合でも難しい。視聴率の高かったドラマの枠で新しい番組を作れば、確実に比較される。サッカーチームの新しい10番は、必ず批判を受けるものだ。いくらいいものを作っても、なかなか受け入れてもらえないのが常である。

“ビートル”こと「フォルクスワーゲン・タイプI」の後継車づくりが難航したのは当然だろう。ドイツでは文字通り国民車であり、最終的には世界累計生産台数が2000万台を超えるベストセラーカーになった。その後釜となるモデルを作るのだから、とてつもないプレッシャーだったに違いない。

ビートルは全世界で人気を得ていたとはいえ、プロトタイプにまでさかのぼれば、設計されたのは第2次大戦前のことだ。ヒトラーが国民車構想を発表したのは1933年で、フェルディナント・ポルシェ博士が「VW3」を完成させたのは1936年である。しかし、「毎週5マルク払い込めば誰でもクルマを受け取れる」というヒトラーの約束は反故(ほご)にされてしまい、国民車として製造されることはなかった。乗用車生産を再開させたのは、戦後に進駐したイギリス軍のアイヴァン・ハースト少佐である。当時は安価で性能が高いことが評価されたが、1970年代にはさすがにすべてが古臭くなっていた。

フォルクスワーゲンも手をこまねいていたわけではなく、新たなモデルの開発に取り組んでいた。1968年には空冷水平対向エンジンをそのまま使った「411/412」を発売したが、販売は伸びなかった。1970年にはNSUが開発した水冷フロントエンジンの「K70」をフォルクスワーゲンブランドで出したものの、これも不発だった。

世界的なベストセラーとなった「フォルクスワーゲン・タイプI」。最終的には2152万9464台が生産された。写真は1972年に「T型フォード」の累計生産台数を突破した際の、セレモニーの様子。
世界的なベストセラーとなった「フォルクスワーゲン・タイプI」。最終的には2152万9464台が生産された。写真は1972年に「T型フォード」の累計生産台数を突破した際の、セレモニーの様子。拡大
2003年まで生産が続けられた「タイプI」だが、1970年代にはすでに設計が古くなっており、ドイツ本国では1980年を待たずに生産が終了されていた。それ以降はブラジルやメキシコなどで生産が継続された。
2003年まで生産が続けられた「タイプI」だが、1970年代にはすでに設計が古くなっており、ドイツ本国では1980年を待たずに生産が終了されていた。それ以降はブラジルやメキシコなどで生産が継続された。拡大
「タイプI」の後継モデルとして送り出された「412」(左)と、NSUからOEM供給を受けて販売された「K70」(右)。
「タイプI」の後継モデルとして送り出された「412」(左)と、NSUからOEM供給を受けて販売された「K70」(右)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • VWが「ゴルフ」シリーズ3モデルに特別仕様車「マイスター」を設定 2019.6.4 自動車ニュース フォルクスワーゲンが「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」の3車種に特別仕様車「マイスター」を設定。充実した装備が特徴で、先進安全装備や運転支援システムを標準で採用。一部グレードにはオプションで高級オーディオも用意している。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR 400 2014.5.4 画像・写真 北京ショーで公開されたVWのコンセプトカー「ゴルフR 400」を写真で紹介。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
ホームへ戻る