フォルクスワーゲンが「ゴルフGTE」をマイナーチェンジ

2017.10.20 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTE」拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年10月19日、プラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」のマイナーチェンジモデルを発売した。

 
フォルクスワーゲンが「ゴルフGTE」をマイナーチェンジの画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「ゴルフGTE」をマイナーチェンジの画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「ゴルフGTE」をマイナーチェンジの画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「ゴルフGTE」をマイナーチェンジの画像拡大

今回のマイナーチェンジでは、外装デザインの変更や先進安全装備の強化などを実施した。

外装デザインでは、フロントバンパーを現行型の「ゴルフGTI」と同じ形状のものに変更。また、フォルクスワーゲンの電動化モデル“e-Mobility”ファミリーであることを示すC字型のLEDヘッドランプを装着したほか、同じくe-Mobilityの象徴であるブルーの差し色を採り入れた。

最新型のゴルフファミリーにならって先進安全装備も強化。渋滞時追従支援システムの「トラフィックアシスト」や歩行者にも対応する緊急自動ブレーキの「フロントアシスト」、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールなどを標準装備とした。

このほかモバイルオンラインサービスの「Volkswagen Car-Net」にも対応。充電ステーションの検索や、予約充電ができる「e-Remote」といった電動化車両専用のサービスも備えている。

価格は469万円。同車は「平成29年度 クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金制度」の対象となっており、購入後の申請によって20万円の補助を受けられる。

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフGTE, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る