ランボルギーニがアヴェンタドールSVを披露

2015.09.13 自動車ニュース
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」 拡大

ランボルギーニが「アヴェンタドールSV」を披露

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2015年9月11日、「アヴェンタドール」の高性能限定モデル「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(SV)」のクーペおよびロードスターを日本で初公開した。

ロードスターモデルのリアビュー。
ロードスターモデルのリアビュー。 拡大
ロードスターモデルのインテリア。
ロードスターモデルのインテリア。 拡大
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」
「アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ ロードスター」 拡大

■最高出力750psのスペシャルモデル

アヴェンタドールSVは「アヴェンタドールLP700-4」をより高出力、かつ軽量に仕立てたモデル。クーペ、ロードスターとも、6.5リッターのV12自然吸気エンジンの最高出力は700psから750psに50ps強化され、車重は50kg軽量化(クーペが1525kg、ロードスターが1575kg)されている。

0-100km/h加速はクーペが2.8秒でロードスターが2.9秒。最高速はともに350km/h以上。ロードスターは日本初公開であると同時に、アジア地区初公開でもあるという。

車両価格はクーペが4795万5883円でロードスターが5238万9883円(ともに税別)。クーペは全世界で600台、ロードスターが同500台の限定販売だが、クーペはすでに完売とのことだ。

(webCG)

関連キーワード:
アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表 2021.7.8 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2021年7月7日(現地時間)、フラッグシップスーパースポーツ「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の最後を飾る限定車「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」を発表した。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る