第126回:どんだけスマホを向けさせるか

2019.03.05 カーマニア人間国宝への道

ウルスで大都会へGO!

ということで、ついに「ランボルギーニ・ウルス」に試乗できる時がやってきた!

まずはどこを走るか、そしてどこで写真を撮るかを考えたのだが、都内のみに決定。このテのクルマで箱根のワインディングを走っても、もうしょーがないから! そういう時代じゃないと思いまして。

思えば昔は私も、趣味で箱根のワインディングに走りに行ったものです。伊豆スカイラインも大好きだった。実際今でもカーマニアの聖地です。

しかし現在は、仕事以外で箱根に行くことは絶無になった。なにしろ箱根は遠すぎる! 箱根まで往復して帰ると、なんだかんだで250kmくらい。フェラーリの平均年間走行距離は1000kmくらいといわれるが、4回箱根に行ったらもう1000kmやんけ!

それはおいても、「アヴェンタドール」ならともかく、ウルスで箱根攻めたって、おすもうさんをリングに上げるみたいな感じでどうもマッチしない。ウルスの主戦場は大都会だろ!

よって目的地は湾岸地区、そして銀座・浅草に決定した。湾岸で走りの撮影を行い、銀座と浅草で視線集め実験を行って終了だ。中国人観光客にどんだけスマホを向けさせるか。そっちのほうが正しいウルスの使い方だろう。

湾岸地区にあるランボルギーニのデポに到着すると、そこにはアヴェンタドール、「ウラカン スパイダー」と並んで、黄色いウルスの巨体が。

うーんデカイ! 3台ともめちゃめちゃカッコいいけど、存在感では、断然どデカく見えるウルスが一番のように見える。

「ランボルギーニ・ウルス」で大都会を目指す!
「ランボルギーニ・ウルス」で大都会を目指す!拡大
「ウルス」を試乗中。
「ウルス」を試乗中。拡大
ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ
ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ拡大
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
ホームへ戻る