第126回:どんだけスマホを向けさせるか

2019.03.05 カーマニア人間国宝への道

ウルスで大都会へGO!

ということで、ついに「ランボルギーニ・ウルス」に試乗できる時がやってきた!

まずはどこを走るか、そしてどこで写真を撮るかを考えたのだが、都内のみに決定。このテのクルマで箱根のワインディングを走っても、もうしょーがないから! そういう時代じゃないと思いまして。

思えば昔は私も、趣味で箱根のワインディングに走りに行ったものです。伊豆スカイラインも大好きだった。実際今でもカーマニアの聖地です。

しかし現在は、仕事以外で箱根に行くことは絶無になった。なにしろ箱根は遠すぎる! 箱根まで往復して帰ると、なんだかんだで250kmくらい。フェラーリの平均年間走行距離は1000kmくらいといわれるが、4回箱根に行ったらもう1000kmやんけ!

それはおいても、「アヴェンタドール」ならともかく、ウルスで箱根攻めたって、おすもうさんをリングに上げるみたいな感じでどうもマッチしない。ウルスの主戦場は大都会だろ!

よって目的地は湾岸地区、そして銀座・浅草に決定した。湾岸で走りの撮影を行い、銀座と浅草で視線集め実験を行って終了だ。中国人観光客にどんだけスマホを向けさせるか。そっちのほうが正しいウルスの使い方だろう。

湾岸地区にあるランボルギーニのデポに到着すると、そこにはアヴェンタドール、「ウラカン スパイダー」と並んで、黄色いウルスの巨体が。

うーんデカイ! 3台ともめちゃめちゃカッコいいけど、存在感では、断然どデカく見えるウルスが一番のように見える。

「ランボルギーニ・ウルス」で大都会を目指す!
「ランボルギーニ・ウルス」で大都会を目指す!拡大
「ウルス」を試乗中。
「ウルス」を試乗中。拡大
ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ
ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ拡大
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー
ランボルギーニ・ウラカン スパイダー拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニの「THE LOUNGE TOKYO」オープニングイベントの会場から 2020.10.29 画像・写真 ランボルギーニが2020年10月29日、東京・六本木にブランド体感スペース「THE LOUNGE TOKYO」をオープン。そのオープニングイベントの様子と、同日に初披露された「アヴェンタドールS“dressed”by Yohji Yamamoto」の姿を写真で紹介する。
  • ランボルギーニが「アヴェンタドール」のファイナルモデルを発表 2021.7.8 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2021年7月7日(現地時間)、フラッグシップスーパースポーツ「ランボルギーニ・アヴェンタドール」の最後を飾る限定車「アヴェンタドールLP780-4 Ultimae」を発表した。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る