VWがシャランの安全装備を強化、新グレードも

2015.09.15 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン」
    拡大

フォルクスワーゲンが「シャラン」の安全装備を強化、新グレードも

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年9月15日、7人乗りミニバン「シャラン」に改良を実施し、販売を開始した。

「TSIハイライン」のインテリア。
「TSIハイライン」のインテリア。
    拡大
「TSIハイライン」にオプション設定される「インテグレーテッドチャイルドシート」。
「TSIハイライン」にオプション設定される「インテグレーテッドチャイルドシート」。 拡大
1.4リッターTSIエンジン。「シャラン」のエンジンにはターボとスーパーチャージャー両方の過給機が装備される。
1.4リッターTSIエンジン。「シャラン」のエンジンにはターボとスーパーチャージャー両方の過給機が装備される。
    拡大

最新型のシャランでは、従来モデルより安全装備を強化。ミリ派レーダーを用いた自動緊急ブレーキ「Front Assist」と、衝突が起きた際に自動でブレーキをかけ、二次被害を軽減する「ポストコリジョンブレーキシステム」を全車標準装備とした。このほかにも、最上級グレード「TSIハイライン」には、新たにフォルクスワーゲン初の後席一体型チャイルドシート「インテグレーテッドチャイルドシート」をオプション設定した。

1.4リッターTSIエンジン(ツインチャージャー)についても改良を図っており、最大トルクをこれまでより1.0kgm大きい25.0kgmに強化。同時に燃費を13.5km/リッターから15.0km/リッターに改善した(JC08モード)。

ラインナップは、従来からのTSIハイライン、「TSIコンフォートライン」に、新たなエントリーグレードの「TSIトレンドライン」を加えた3種類。ボディーカラーは「ピュアホワイト」「リフレックスシルバーメタリック」「ブラックオークブラウンメタリック」「ディープブラックパールエフェクト」「オリックスホワイト」に、新色の「ハドソンベイブルーメタリック」「マザーオブパールエフェクト」を加えた全6色となっている。

価格は以下の通り。
・TSIトレンドライン:360万円
・TSIコンフォートライン:394万円
・TSIハイライン:463万円

(webCG)
 

関連キーワード:
シャラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン シャラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.25 試乗記 デビューから6年を経て、またしても改良を受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーラン」。その魅力はいまだ健在か? ライバルに対するアドバンテージは保たれているのか? 新エンジンが搭載された「TSIハイライン」に試乗し、その実力を確かめた。
  • 静かで快適で走りもいい! 「GOODYEAR EfficientGrip RVF02」の実力 2021.3.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> 快適さと安心感を追求した、グッドイヤーの新しいミニバン専用タイヤ「エフィシェントグリップRVF02」。ミニバン特有のウイークポイントを解決し走りを変えるというその実力を、フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」で確かめてみた。
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • ホンダ・ヴェゼルG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.7.12 試乗記 電動化! ハイブリッド! で攻勢をかけている新型「ホンダ・ヴェゼル」だが、注目度の低い(?)純ガソリンエンジン搭載モデルがあるのをご存じだろうか。この最廉価グレードはヴェゼルファンに対するホンダの良心か、それとも……?
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る