VWがシャランの安全装備を強化、新グレードも

2015.09.15 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン」
「フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン」
    拡大

フォルクスワーゲンが「シャラン」の安全装備を強化、新グレードも

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2015年9月15日、7人乗りミニバン「シャラン」に改良を実施し、販売を開始した。

「TSIハイライン」のインテリア。
「TSIハイライン」のインテリア。
    拡大
「TSIハイライン」にオプション設定される「インテグレーテッドチャイルドシート」。
「TSIハイライン」にオプション設定される「インテグレーテッドチャイルドシート」。 拡大
1.4リッターTSIエンジン。「シャラン」のエンジンにはターボとスーパーチャージャー両方の過給機が装備される。
1.4リッターTSIエンジン。「シャラン」のエンジンにはターボとスーパーチャージャー両方の過給機が装備される。
    拡大

最新型のシャランでは、従来モデルより安全装備を強化。ミリ派レーダーを用いた自動緊急ブレーキ「Front Assist」と、衝突が起きた際に自動でブレーキをかけ、二次被害を軽減する「ポストコリジョンブレーキシステム」を全車標準装備とした。このほかにも、最上級グレード「TSIハイライン」には、新たにフォルクスワーゲン初の後席一体型チャイルドシート「インテグレーテッドチャイルドシート」をオプション設定した。

1.4リッターTSIエンジン(ツインチャージャー)についても改良を図っており、最大トルクをこれまでより1.0kgm大きい25.0kgmに強化。同時に燃費を13.5km/リッターから15.0km/リッターに改善した(JC08モード)。

ラインナップは、従来からのTSIハイライン、「TSIコンフォートライン」に、新たなエントリーグレードの「TSIトレンドライン」を加えた3種類。ボディーカラーは「ピュアホワイト」「リフレックスシルバーメタリック」「ブラックオークブラウンメタリック」「ディープブラックパールエフェクト」「オリックスホワイト」に、新色の「ハドソンベイブルーメタリック」「マザーオブパールエフェクト」を加えた全6色となっている。

価格は以下の通り。
・TSIトレンドライン:360万円
・TSIコンフォートライン:394万円
・TSIハイライン:463万円

(webCG)
 

関連キーワード:
シャラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン シャラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る