「VWゴルフトゥーラン/シャラン/ティグアン」仕様変更 一部グレードの利便性が向上

2019.10.01 自動車ニュース
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年10月1日、「ゴルフトゥーラン」「シャラン」「ティグアン」の一部グレードにおいて、仕様・装備の見直しを実施。同日、販売を開始した。

「ゴルフトゥーラン」のサイドビュー。
「ゴルフトゥーラン」のサイドビュー。拡大

今回の仕様変更では、インフォテインメントシステムのアップグレードをはじめ、主に利便性の向上が図られている。各モデルに追加される具体的な装備は、以下の通り。

【ゴルフトゥーラン:299万9000円~449万9000円】

■TSIコンフォートライン(アップグレードパッケージ装着車)

  • サンブラインド(リア左右)
  • スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」
  • 新デザインのアルミホイール

※「Discover Pro」パッケージとのセットオプション

■TSIコンフォートライン(アップグレードパッケージ装着車)/TDIコンフォートライン

  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • ETC 2.0対応車載器
  • モバイルオンラインサービス「フォルクスワーゲンCar-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」)
  • リアビューカメラ「Rear Assist」
  • サンブラインド(リア左右)
  • スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」
  • 新デザインのアルミホイール 

■TSIハイライン/TDIハイライン

  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • ETC 2.0対応車載器
  • モバイルオンラインサービス「フォルクスワーゲン Car-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」)
  • リアビューカメラ「Rear Assist」
  • サンブラインド(リア左右)
  • 新デザインのアルミホイール 

 

■TSI Rライン

  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • ETC 2.0対応車載器
  • モバイルオンラインサービス「フォルクスワーゲン Car-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」)
  • リアビューカメラ「Rear Assist」
  • サンブラインド(リア左右) 
フォルクスワーゲン・シャラン
フォルクスワーゲン・シャラン拡大

【シャラン:374万9000円~529万6000円】

■TSIハイライン

  • 純正ナビゲーションシステム「716SDCW」
  • ETC 2.0対応車載器
  • VTRケーブル/iPod/iPhone/USB デバイス接続装置
フォルクスワーゲン・ティグアン
フォルクスワーゲン・ティグアン拡大

【ティグアン:399万8000円~539万9000円】

■TSIコンフォートライン/TDI 4MOTIONコンフォートライン

  • 純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」
  • ETC 2.0対応車載器
  • モバイルオンラインサービス「フォルクスワーゲン Car-Net」(コネクティビティー機能「App-Connect」、テレマティクス機能「Guide & Inform」) 

(webCG)


 

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, シャラン, ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
ホームへ戻る