クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)

これぞドイツのミニバン 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?

ようやく導入されたTDI

自らの不手際のせいで“遅れ”の規模に一層拍車を掛けてしまった感は否めないものの、ようやくにして次々と日本上陸が始まっているのが「TDI」の記号が与えられた、フォルクスワーゲンのディーゼルモデル。

すでにこの先は“EV一択”という姿勢を鮮明にし、フォルクスワーゲングループとして多くの著名ブランドにもそうした体制への変革を迫る(?)現状において、しかし、これまで長年にわたって築き上げてきたディーゼルエンジンに関する技術レベルの高さはやはり侮れない――そんなことを乗るたびにあらためて実感させられるのが、TDIのエンブレムが備わるモデルに共通する、走りのポテンシャルである。

今回試乗したのは、前述の通りモデル末期になってようやく導入となった「ゴルフ/ゴルフヴァリアント」と同じタイミングで日本に上陸を果たした、シャランのディーゼルバージョンだ。

率直なところ、ゴルフや「ポロ」といったメジャーなモデルに比べれば、そもそも日本ではシャランの影はいささか薄い。弟分である「ゴルフトゥーラン」とともにいわゆるミニバンにカテゴライズされ、同時にラインナップ中では唯一リアのドアにスライド式を用いるという点では、なるほどフォルクスワーゲンというブランド内にあっては異端児ともいえるもの。

いかにミニバンがポピュラーな日本市場の中にあっても、「メジャーになる理由はなかなか見当たらない」というのもやむを得ないことかもしれない。

デビューから間もなく10年になろうとしている「フォルクスワーゲン・シャラン」。ディーゼルエンジン搭載車「TDI」は、「ゴルフ」や「ゴルフヴァリアント」とともに2019年8月に導入が開始された。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4855×1910×1765mm、ホイールベース=2920mm。
デビューから間もなく10年になろうとしている「フォルクスワーゲン・シャラン」。ディーゼルエンジン搭載車「TDI」は、「ゴルフ」や「ゴルフヴァリアント」とともに2019年8月に導入が開始された。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4855×1910×1765mm、ホイールベース=2920mm。拡大
ディーゼルエンジン搭載車は、上級グレード「ハイライン」のみの設定。オートハイトコントロール機能付きバイキセノンヘッドライトが標準装備される。
ディーゼルエンジン搭載車は、上級グレード「ハイライン」のみの設定。オートハイトコントロール機能付きバイキセノンヘッドライトが標準装備される。拡大
「TDIハイライン」には、センターコンソールのスイッチやテールゲートのハンドル、リモコンキーで自動開閉が可能なパワーテールゲートのほか、キーを持ったうえでリアバンパー下に足を差し入れる動作を行うと、センサーが反応して自動でテールゲートが開く「イージーオープン」機能も採用されている。
「TDIハイライン」には、センターコンソールのスイッチやテールゲートのハンドル、リモコンキーで自動開閉が可能なパワーテールゲートのほか、キーを持ったうえでリアバンパー下に足を差し入れる動作を行うと、センサーが反応して自動でテールゲートが開く「イージーオープン」機能も採用されている。拡大

見た目以上に大きなボディー

日本では“最新のフォルクスワーゲン車”ということにもなるシャランTDIは、他のTDIモデルもそうであるように、搭載される心臓部がディーゼルであるとはいっても、それを外観から判別することはすこぶる困難である。

時節柄では、まるで“あおり顔”とでも表現したくなるような押し出し感満載のフロントマスクが与えられたわけでもなければ、奇抜なキャラクターラインのひとつも見当たらないエクステリアのデザインは、従来のガソリンバージョンと同様に何とも素っ気ないほどにクリーンでシンプル。そんな仕上がりであることが、むしろ「シャランならではの特徴」と言ってもいいのかもしれない。

あるいは、その“あおり顔”にへきえきとしている人の中からは、「まずはこうした控えめなルックスこそが魅力のポイント」という意見があらわれてもおかしくなさそう。それにしても、昨今の日本のミニバンがこぞって採用する「押し出しの強さこそが人気のバロメーター」という派手な顔つきの流行は、一体いつまで続くのだろう……。

かくもプレーンな佇(たたず)まいゆえに、さほど強い存在感を覚えることはないものの、いざ路地へと入り込んだり駐車枠の中に収めようとした時点で気付かされるのが、そのボディーの大きさだ。何せ全長×全幅=4855×1910mmというサイズだから、日本では「かなり大柄」という位置づけになる。全長こそ100mm近く短いが、あの面構えゆえ必要以上の存在感を発散するトヨタの「アルファード/ヴェルファイア」よりも、実は全幅は60mmも広いのだ。

ホイールベースも2920mmと長いので最小回転半径は5.8mと、当然小回りが利くわけでもない。ちなみに、この点ではホイールベースが3m(!)に達するアル/ヴェルが同等もしくはそれ以下の回転半径を実現させた点を褒めるべきなのかもしれないが。

いかにトルクの太いディーゼルエンジン搭載車といえども発進時は、1900kgというボディーの重さを感じる。「TDI」の走りは、街中よりも高速巡行が得意という印象。
いかにトルクの太いディーゼルエンジン搭載車といえども発進時は、1900kgというボディーの重さを感じる。「TDI」の走りは、街中よりも高速巡行が得意という印象。拡大
インストゥルメントパネルは、ガソリンエンジン車と基本的には同一となるデザイン。2019年10月の仕様変更で、ナビゲーションシステムやETC 2.0対応車載器、USB デバイス接続装置などが標準装備された。
インストゥルメントパネルは、ガソリンエンジン車と基本的には同一となるデザイン。2019年10月の仕様変更で、ナビゲーションシステムやETC 2.0対応車載器、USB デバイス接続装置などが標準装備された。拡大
前席はアルカンターラとレザーのコンビ表皮となるヒーター付き電動シートが標準装備される。
前席はアルカンターラとレザーのコンビ表皮となるヒーター付き電動シートが標準装備される。拡大
2列目シートは3人掛けで、ほぼ等間隔に分割されている。それぞれのシートの背もたれを個別に倒すことも可能だ。
2列目シートは3人掛けで、ほぼ等間隔に分割されている。それぞれのシートの背もたれを個別に倒すことも可能だ。拡大

意外に使える3列目シート

日本のライバルに比べると“エンタメ性”は皆無に等しいと思える一方で、そうした巨体の持ち主ゆえにさすがにキャビン空間のゆとりは文句なしだ。着座時に感じるシートの触感は硬めで、国産モデルとは一線を画した“走りのミニバン”を最初にほうふつとさせる部分。実際、本国ドイツではこうしたモデルでも平気でアウトバーンを150km/h以上で巡航している姿に、たびたび出会ったりもするものだ。

ほぼ平等に3分割されたデザインとスペースを有する3人掛けの2列目シートのつくりは、1.9m超のボディー幅ゆえに実現されたものといえる。さらに左右のシートには、全体がワンタッチで前方に傾斜するという大きな動きのウオークイン機能が備わり、3列目シートへの出入りがすこぶる行いやすいのも、大柄ボディーがあればこその業という印象だ。

そんな3列目も、シートバック高が肩下にとどまりはするものの、大人が長時間を過ごすことが意識されたデザインで仕上げられている。ヒップポイントがかなり高くアップライトな姿勢で座ることになるので、2列目シートをちょっと前方にセットすれば、足元にそれなりに窮屈ではない空間を確保できる。

と同時に、それがいかにもヨーロッパ生まれの作品であることを思い知らされるのが、ドライバーズシート以外のすべてをアレンジして、“荷室モード”とした際の室内空間の広大さ。それはまさに、「独り者の引っ越し荷物など、楽々とのみ込んでしまいそう」と思えるほど。3mに迫る奥行きが作り出せるのは、日本のミニバンには到底まねのできない芸当であろう。

リア左右のドアは、電動スライド式。間口は広いとはいえないが、2列目の左右シートが斜め前方に倒れるため、3列目シートへのアクセスは良好。
リア左右のドアは、電動スライド式。間口は広いとはいえないが、2列目の左右シートが斜め前方に倒れるため、3列目シートへのアクセスは良好。拡大
3列目のシートがおまけ扱いされるミニバンも少なくないなか「シャラン」では、大人が長時間座れるスペースが確保されている。
3列目のシートがおまけ扱いされるミニバンも少なくないなか「シャラン」では、大人が長時間座れるスペースが確保されている。拡大
3列目シートを使用した際(写真)の荷室容量は約300リッター。3列目シートを折りたたむと、荷室容量は711リッターまで拡大できる。
3列目シートを使用した際(写真)の荷室容量は約300リッター。3列目シートを折りたたむと、荷室容量は711リッターまで拡大できる。拡大
2列目と3列目シートを折りたたむと、荷室容量は2297リッターに。フラットでスクエアな空間は、使い勝手がよさそうだ。さらに助手席の背もたれを前方に倒せば、2.95mの長尺物が収納できるようになっている。
2列目と3列目シートを折りたたむと、荷室容量は2297リッターに。フラットでスクエアな空間は、使い勝手がよさそうだ。さらに助手席の背もたれを前方に倒せば、2.95mの長尺物が収納できるようになっている。拡大

街中よりも高速が得意

注目のエンジンに火を入れると、それがディーゼルユニットであることはノイズの質からも明白だ。さらに、アクセルを踏み込むと意外にも明瞭に耳に届くのが乾いた排気音。いずれも、気に障る類いの音質ではないものの、昨今のディーゼルモデルの中にあっては必ずしも「静粛性が高いモデル」とは言い切れない。

「ゴルフTDI」に比べると500kgほども重い車両重量に対応すべく、エンジンは同じ2リッターながらも最高出力で27PS、最大トルクで40N・m上回る“ハイチューン版”を搭載。それでも、走りはじめの段階では「ちょっと重いナ……」というのが率直な第一印象。組み合わされる6段DCTも1速から3速までのギア比がややワイドな設定なので、街乗りシーンで頻繁な発進加速が連続すると、「う~ん、これはガソリンモデルの方がオススメかな……」とこちらもまた、正直なところそんなフレーズが思い浮かぶこととなった。

ところが、そんな少しばかりネガティブな印象が一気に覆ったのが高速道路へと乗り入れたシーン。間断なく十分な排ガスエネルギーを受けるターボチャージャーが力強い過給効果を生み出し、こうした場面ではまさに“水を得た魚”のごとく生き生きと走ってくれることになるのだ。

100km/hクルージング状態でのエンジン回転数は1700rpmほど。それはまさに380N・mの最大トルクを発しはじめる1750rpmというポイントに符号するもので、ストップ&ゴーが連続する街乗りシーンとは打って変わっての、高速道路上での活力に富んだ走りも“さもありなん”という印象。前述したアウトバーン上でのあの快速ぶりも、まさに納得! なのである。

かくして、走行シーンによって印象が大きく振れることになるのがこのモデル。言うまでもなく、高速道路を用いての大人数でのロングツーリングといった場面では、アウトバーンで鍛えられた安定感にあふれる足腰も手伝い「向かうところ敵なし」を実感させてくれる、ミニバン界の真打ちということになるのだ。

(文=河村康彦/写真=荒川正幸/編集=櫻井健一/撮影協力=河口湖ステラシアター)

最高出力177PS、最大トルク380N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。トランスミッションは、6段のデュアルクラッチ式ATが組み合わされる。駆動方式はFF。
最高出力177PS、最大トルク380N・mの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載。トランスミッションは、6段のデュアルクラッチ式ATが組み合わされる。駆動方式はFF。拡大
左右の機械式メーターの中央にインフォメーションディスプレイを配置。5000rpmからレッドゾーンとなるエンジン回転計(左)が、ディーゼルエンジン搭載車であることを知らしめる。
左右の機械式メーターの中央にインフォメーションディスプレイを配置。5000rpmからレッドゾーンとなるエンジン回転計(左)が、ディーゼルエンジン搭載車であることを知らしめる。拡大
今回の試乗車は、前後225/50R17サイズの「コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2」タイヤを装着していた。写真の10本スポークデザインのアルミホイールは「シャランTDIハイライン」専用となるアイテム。
今回の試乗車は、前後225/50R17サイズの「コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2」タイヤを装着していた。写真の10本スポークデザインのアルミホイールは「シャランTDIハイライン」専用となるアイテム。拡大
「ゴルフ」や「ゴルフヴァリアント」よりも27PSパワフルな2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載する「シャランTDIハイライン」。WLTCモードでの燃費値は、14.0km/リッター。
「ゴルフ」や「ゴルフヴァリアント」よりも27PSパワフルな2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載する「シャランTDIハイライン」。WLTCモードでの燃費値は、14.0km/リッター。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4855×1910×1765mm
ホイールベース:2920mm
車重:1900kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:177PS(130kW)/3500-4000rpm
最大トルク:380N・m(38.8kgf・m)/1750-3250rpm
タイヤ:(前)225/50R17 98V/(後)225/50R17 98V(コンチネンタル・コンチプレミアムコンタクト2)
燃費:14.0km/リッター(WLTCモード)
価格:529万6000円/テスト車=563万1500円(消費税10%を含む)
オプション装備:レザーシートパッケージ(25万3000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<プレミアムクリーン>(8万2500円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:1781km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:388.6km
使用燃料:30.0リッター(軽油)
参考燃費:12.9 km/リッター(満タン法)/12.7km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン
フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン拡大
フォルクスワーゲンの「TDI」エンジンは、最新の排ガス浄化システムの採用により、日本のポスト新長期規制にも適合している。
フォルクスワーゲンの「TDI」エンジンは、最新の排ガス浄化システムの採用により、日本のポスト新長期規制にも適合している。拡大
燃料タンク容量は73リッター。今回行った試乗時の参考燃費値をあてはめると、満タンで約900km走行できる計算となる。
燃料タンク容量は73リッター。今回行った試乗時の参考燃費値をあてはめると、満タンで約900km走行できる計算となる。拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン シャラン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。