ジャガーXEに錦織選手の名を冠する特別仕様車

2015.10.02 自動車ニュース
テニスプレイヤーの錦織 圭選手と「ジャガーXE KEI NISHIKORI EDITION」。
テニスプレイヤーの錦織 圭選手と「ジャガーXE KEI NISHIKORI EDITION」。 拡大

「ジャガーXE」に、錦織選手の名を冠する特別仕様車が登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2015年10月1日、スポーツセダン「ジャガーXE」に特別仕様車「XE KEI NISHIKORI EDITION(錦織 圭エディション)」を設定し、同社オフィシャルサイト内の特設ページを通じて、60台限定で注文の受け付けを開始した。

■エンジンフードのシルバーパネルには錦織選手のサインも

今回発売されたXE KEI NISHIKORI EDITIONは、ジャガーのブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーの錦織 圭選手の名を冠した特別仕様車であり、2014年11月に登場した「Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION」に続く第2弾となる。

現状では日本に導入されていない「XE 2.0 R-Sport」(ガソリンエンジン搭載車)をベースに、各所に錦織選手が厳選したというカラーや装備を採用。外装色は「ブルーファイヤー」で、ラックステック/テクニカルメッシュのスポーツシートや、ブラックフィニッシュの18インチ・アロイホイールを装備している。

また、左右のフェンダーのパワーベントの下に「KEI NISHIKORI」バッジを、ミッドフェイシアアンダーに「KEI NISHIKORI EDITION」と「1/60」の文字が書かれたシルバープレートを採用。さらに、エンジンフードを飾るシルバープレートには錦織選手のサインが記されている。

これらを含めた特別な装備、仕様は以下の通り。
・ブルーファイヤー(メタリック)のエクステリアカラー
・18インチ「Matrix」アロイホイールブラックフィニッシュ
・ブラックスタイリングパック(グロスブラック仕上げのラジエーターグリル、グリルサラウンド、サイドウィンドウサラウンド、サイドパワーベント)
・ラックステック/テクニカルメッシュ・スポーツシート
・フロントシートヒーター
・エッジドアルミニウム(リバフープ・ドア)+グロスブラック・センターコンソール
・スポーツサスペンション
・左右フロントフェンダーのパワーベント下に配した「KEI NISHIKORI EDITION」バッジ
・ミッドフェイシアアンダーに装着した「KEI NISHIKORI EDITION」と60台分の1を表す「1/60」の文字が書かれたシルバープレート
・エンジンフードにレイアウトした「KEI NISHIKORI EDITION」「1/60」、錦織選手のサインが描かれたシルバープレート

なお、購入者は2015年12月1日に実施される錦織選手が参加する予定の特別イベントに招待されるほか、納車時には「XE KEI NISHIKORI EDITION」専用のキーホルダーとサイン入りホルダー(盾)が贈呈される。

価格は650万円。

(webCG)


 

関連キーワード:
XE, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XE の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • カンナム・スパイダーRTリミテッド(MR/6AT)【レビュー】 2020.9.2 試乗記 カナダのレクリエーショナルビークルメーカー、BRPが手がける三輪クルーザーが「カンナム・スパイダー」だ。四輪とも二輪とも違うこのモデルには、どのような“走る楽しさ”が宿っているのか? フルモデルチェンジを受けた最新の「スパイダーRT」で確かめた。
ホームへ戻る