レクサスとバーニーズのコラボアイテム発売

2015.10.02 自動車ニュース
「レクサスLFA」のシートレザーを使用して製作されたのはトートバッグやドライビングシューズ、サングラスケース、シューホーンの4種。
「レクサスLFA」のシートレザーを使用して製作されたのはトートバッグやドライビングシューズ、サングラスケース、シューホーンの4種。 拡大

「LEXUS」と「BARNEYS NEW YORK」のコラボレーションアイテム発売

トヨタ自動車のブランドである「レクサス」と、セレクトショップ「バーニーズ ニューヨーク」は2015年10月2日、両ブランドのコラボレーションによって製作したファッションアイテム9種を発売した。

バーニーズ ニューヨーク銀座店でコラボアイテムの発表会が開かれ、レクサス インターナショナルの中澤次郎氏(写真左)とバーニーズ ジャパンのクリエイティブディレクター谷口勝彦氏(同右)がそれぞれの”ものづくり”へのこだわりを語った。


	バーニーズ ニューヨーク銀座店でコラボアイテムの発表会が開かれ、レクサス インターナショナルの中澤次郎氏(写真左)とバーニーズ ジャパンのクリエイティブディレクター谷口勝彦氏(同右)がそれぞれの”ものづくり”へのこだわりを語った。
	拡大
「レクサスLFA」のシートレザー素材で作られたドライビングシューズ。「ブラッキッシュブラウン」「ブルー」「オレンジ」「ボルドー」の4色が用意される。
「レクサスLFA」のシートレザー素材で作られたドライビングシューズ。「ブラッキッシュブラウン」「ブルー」「オレンジ」「ボルドー」の4色が用意される。 拡大
コットンネルのドレスシャツや、カシミアを使用したニット、ニットジャケットなど、素材と技術にこだわったファッションアイテムもラインナップ。
コットンネルのドレスシャツや、カシミアを使用したニット、ニットジャケットなど、素材と技術にこだわったファッションアイテムもラインナップ。 拡大
 
レクサスとバーニーズのコラボアイテム発売の画像 拡大

コラボレーションアイテムは、スーパースポーツカー「レクサスLFA」のシート用レザーを使用したトートバッグやドライビングシューズ、サングラスケース、シューホーンのほか、厳選した素材や匠の技術を用いて作り上げたというサングラス、ジャケット、ドライビングパンツ、シャツ、ニットを加えた全9種。これらの商品はバーニーズ ニューヨークの各店舗やオンラインストアのほか、東京・南青山のインターセクト バイ レクサスで扱われる。

今回の企画は、日本でのブランド展開10周年を迎えるレクサスと日本上陸25周年のバーニーズ ニューヨークの“アニバーサリー”を記念したもので、レクサスのライフスタイルコレクション「CRAFTED FOR LEXUS」と「BARNEYS NEW YORK」とのコラボレーションアイテムとして販売される。

ラインナップと価格は以下の通り。
・トートバッグ:5万2920円
・ドライビングシューズ:3万5640円
・サングラスケース:9180円
・シューホーン:4320円
・サングラス:4万5360円
・ジャケット:17万2800円
・ドライビングパンツ:2万8080円
・シャツ:2万520円
・ニット:4万5360円

(webCG)

関連キーワード:
LFA, レクサス, -->, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスRC F“パフォーマンスパッケージ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.23 試乗記 「限界走行性能の最大化」や「意のままに操れること」を目標に、徹底的に磨き込まれた「レクサスRC F」。その崇高な求道精神で“理想の走り”は実現できたのか? トップグレードの“パフォーマンスパッケージ”で確かめた。
  • レクサスRC F/RC【試乗記】 2019.6.6 試乗記 パワフルなV8エンジンから足まわり、そして空力性能と、あらゆる点に改良が加えられた高性能スポーツクーペ「レクサスRC F」。最新型の到達点を確かめるべく「RC350」や「RC300h」とともに富士スピードウェイで試乗した。
  • 「ロータス・エキシージ」の最後を飾る「ファイナルエディション」2モデルが登場 2021.2.8 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」の最終生産モデル「エキシージ スポーツ390ファイナルエディション/スポーツ420ファイナルエディション」が登場。ともにエンジンの高出力化による動力性能の向上が図られており、また既存のモデルにはない装飾や装備も特徴となっている。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る