トヨタ、アベンシスをマイナーチェンジ

2015.10.05 自動車ニュース
「トヨタ・アベンシスLi」
「トヨタ・アベンシスLi」 拡大

トヨタが「アベンシス」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2015年10月5日、「アベンシス」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。

「アベンシスXi」
「アベンシスXi」 拡大
「Li」のインストゥルメントパネルまわり。
「Li」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
「Li」のシート。
「Li」のシート。 拡大
「Xi」のシート。
「Xi」のシート。 拡大

■フロントマスクとインパネまわりのイメージを一新

今回のマイナーチェンジは、内外装デザインの変更と安全装備の強化が中心となっている。

具体的には、エクステリアではフロントマスクのデザインを大幅に変更。新たにLEDクリアランスランプを組み合わせたBi-Beam LEDヘッドランプと、より開口部の大きなロワグリルを採用した。

インテリアのデザインも一新しており、インストゥルメントパネルの上部とフロントドアの上部に連続性を感じさせるよう装飾を施すことで、ワイド感を表現。センタークラスターも新しい形状としており、全体的によりシャープなイメージとした。また、メーターについては速度計とエンジン回転計のリムを円筒形状とすることで立体感を表現。シートは形状を見直してホールド性を高めたほか、表皮については上級グレードの「Li」ではアルカンターラと本革の、エントリーグレードの「Xi」ではアルカンターラとファブリックの組み合わせとしている。

内装色は、Liは「テラコッタ」、Xiは「グレー」となっている。

■安全装備の強化に加え、燃費性能も改善

安全装備については、新たに運転支援システムの「Toyota Safety Sense C」を全車に標準で採用。このシステムは「衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ」と「レーンディパーチャーアラート」「オートマチックハイビーム」の機能をセットにしたもので、センサーには赤外線レーザーと単眼カメラを使用している。

また、CVTの改良などによって燃費性能を改善。JC08モード計測で14.6km/リッターを達成した。

価格は以下の通り。
・Xi:274万3200円
・Li:298万3745円

(webCG)
 

関連キーワード:
アベンシスワゴン, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アベンシスワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • トヨタ・プロボックス1.5DX(4AT)【ブリーフテスト】 2002.7.24 試乗記 ……130.2万円
    総合評価……★★




  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.6.3 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」に新たに設定された、新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデル。マツダが誇る最新のシャシーとエンジンの組み合わせは、どんな走りを見せるのか? 4WDモデルでその出来栄えを確かめた。
  • 第178回:涙が出るぜ! 不幸のポルシェ 2020.6.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第178回は「涙が出るぜ! 不幸のポルシェ」。なぜか愛車が壊れまくってしまう、不運な軍事マニアの実話。動かなくなったポルシェを大事に持っているのはなぜ? 男として、クルマ好きとして譲れない事情とは?
ホームへ戻る